第127回 恋の歌を歌うツノゼミ

珍品中の珍品! スイスで一番古いチョコレートのブランドCailler(カイエ)が、1920年にチョコレート菓子のおまけ「シリーズXII」として出した切手のような2枚のカード。ヘテロノトゥスツノゼミが描かれている。昔の人にとってもこのツノゼミはインパクトが大きかったようだ。上がメスで下がオス。説明は学名とともに、フランス語とドイツ語で「刺すヘテロノトゥス」とある。実際は刺さないのだが、刺すハチのように見えるからなのだろう。(画像の提供は、Takayuki Tsutsuiさん)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー