第127回 恋の歌を歌うツノゼミ

ヘテロノトゥス・トゥリノドスス(Heteronotus trinodosus)ツノゼミ。上がオスで、下がメス。よく見ると、ツノのかたちがオスとメスで違うのがわかる。オオアリの一種、Camponotus atricepsが2匹、ヘテロノトゥスが排泄する糖蜜をねだりにやって来ていた(下側のメスの前後)。ヘテロノトゥスの仲間では、幼虫、成虫ともにアリとの「共生関係」が見られる。

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー