第126回 ワニおじさんの衝撃パフォーマンス

こちらは、3メートルほどもある大きなメガネカイマン。 低地の熱帯雨林の川岸にいた。両目の間に少し盛り上がった部分があって、眼鏡をかけているように見えるのが名前の由来だ。ボートから岸に近づいて撮影。

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー