第123回 目立たないけどトゲだらけ、サルオガセツユムシ

サルオガセツユムシ(バッタ目:キリギリス科:ツユムシ亜科)のオス
Lichen Katydid, Markia hystrix, male
頭から後翅の先まで:約60 mm 撮影地:モンテベルデ、コスタリカ
[画像のクリックで拡大表示]

 世の中、まだまだいろんな虫がいる。今回紹介するのは、コスタリカの熱帯雲霧林でときどき見かけるマルキア・ヒストリックス(Markia hystrix)というツユムシの一種。

 中南米に分布している比較的大きなツユムシで、特徴はサルオガセという地衣類に似ているところ。サルオガセ(Usnea属)は、霧や雲がかかる湿度の高い森の木の幹や枝などにぶら下がるように生えていたり、モコモコとくっついていたりすることが多い。

 サルオガセにそっくりのこのツユムシを、ここではサルオガセツユムシと呼ぶことにする。(サルオガセギスと呼ばれることもあるようだが、キリギリス亜科ではないのでサルオガセツユムシが適当と判断しています)

 このツユムシは、灯火採集などのライトにやって来ることが多い。採集するときに気をつけないといけないのは、地衣類のサルオガセは柔らくフニャフニャしているのに対し、サルオガセツユムシのトゲトゲは硬く、鋭いこと。うかつに掴むと痛いので、そ~っと両手で包むように捕獲。

 実は、ぼくはこのツユムシが実際に生活の現場にいるところをまだ見たことがない。おそらく樹上生で、着生植物やコケや地衣類がたくさん生えた木々の高いところで生活しているのだろう。

 そこで今回は、夜に採集したものを翌日の昼間に撮影してみた。サルオガセが生えている木の幹にとまらせたところ、サルオガセにいい感じにまぎれている。

サルオガセツユムシのオス。頭を下にしてサルオガセや他の地衣類が生えている幹の上でじっとしているところ。
[画像のクリックで拡大表示]

 撮影していると、ゆっくりとサルオガセの方へ歩いて行き、頭を突っ込んで何かをし始めた。

 えっ? もしかしてサルオガセを食べている?

 これはぼくにとって予想外だった。以前友人から聞いた情報だろうか、ぼくの記憶にこの虫は「昼間はサルオガセの近くや地衣類などの上で隠れていて、夜になるとその周辺にある植物のふつうの葉や花なんかを食べている」とインプットされていたからだ。専門家によると、「地衣類やコケを食べるキリギリスやツユムシの仲間は非常に珍しい」という。

サルオガセツユムシ(写真中央)がサルオガセを食べ始めた! 少し離れたところから撮影。サルオガセや他の地衣類にうまくまぎれて擬態している。ちなみに、サルオガセ属の地衣類には、ウスニン酸(Usnic acid)という抗菌作用のある物質が含まれている。
[画像のクリックで拡大表示]
サルオガセツユムシ(Markia hystrix)がサルオガセ(Usnea)属の地衣類を食べているところ。

 サルオガセに似ているのだから、サルオガセを主食としていてもおかしくはない。でもほかの植物の葉なども食べるのか? その辺りを今度出会ったときに探ってみたいと思う。

 このサルオガセツユムシのように、比較的大きくて、強烈なインパクトを放つ昆虫でも、まだまだわかっていない「驚き」が隠れている。そして、知れば知るほど謎もどんどん深まっていくのだろう。

 以下、サルオガセツユムシの接写写真です。ボディーデザインをどうぞお楽しみください。

サルオガセツユムシ(バッタ目:キリギリス科:ツユムシ亜科)
Lichen Katydid, Markia hystrix, close-up of head, frontal view
「顔」。頭を正面からみたところ。
撮影地:モンテベルデ、コスタリカ
[画像のクリックで拡大表示]
サルオガセツユムシ(バッタ目:キリギリス科:ツユムシ亜科)
Lichen Katydid, Markia hystrix, close-up of forewing
広げた前翅を光に透かして撮影してみた。
撮影地:モンテベルデ、コスタリカ
[画像のクリックで拡大表示]
サルオガセツユムシ(バッタ目:キリギリス科:ツユムシ亜科)
Lichen Katydid, Markia hystrix, close-up of abdomen, lateral view
胴部を横から見たところ。
撮影地:モンテベルデ、コスタリカ
[画像のクリックで拡大表示]

イベントのお知らせです。「西田賢司のミラクル昆虫ワールドinぐんま 西田賢司と昆虫探検」が2016年8月20日(土)に開催されます。また、ぐんま昆虫の森では西田さんの昆虫写真展が開催されます。8月13日(土)~10月10日(月)まで。
くわしくはこちらをご覧ください。
Jewel Beatles http://10beee.com/

『ミラクル昆虫ワールド コスタリカ』 西田賢司

西田賢司さんの連載「コスタリカ昆虫中心生活」が本になりました!
スゴイ虫からヘンな虫、美しい虫まで、生物多様性の国コスタリカの魅力満載。

定価:1800円+税、128ページ、オールカラー

ナショジオストア アマゾン
西田賢司

西田賢司(にしだ けんじ)

1972年、大阪府生まれ。中学卒業後に米国へ渡り、大学で生物学を専攻する。1998年からコスタリカ大学で蝶や蛾の生態を主に研究。昆虫を見つける目のよさに定評があり、東南アジアやオーストラリア、中南米での調査も依頼される。現在は、コスタリカの大学や世界各国の研究機関から依頼を受けて、昆虫の調査やプロジェクトに携わっている。第5回「モンベル・チャレンジ・アワード」受賞。著書に『わっ! ヘンな虫 探検昆虫学者の珍虫ファイル』(徳間書店)など。
本人のホームページはhttp://www.kenjinishida.net/jp/indexjp.html