第93回 「デカイ犬」と思ったら、野生のあの動物だった

[画像のクリックで拡大表示]

 モンテベルデの森は、だいぶ乾燥してきた。雨量は減っていて、湿度が40%以下になることもある。いっぽうで、多くの植物の新芽や若葉が展開し始めていて、どこか「日本の春」を感じさせられる季節でもある。

 さて今回は最近ここのバイオロジカルステーションで、ちょっとした話題になっているイヌ科の哺乳動物を紹介しよう。鳴き声はよく聞くことがあるが、そう出会えない動物だ。

 2月のある夕暮れ前、モンテベルデの隣町サンタ・エレナで食材を買出しして戻って来たときのこと。ステーションのデコボコ、ガタガタ道をゆっくりと車で走っていると、ステーション教員の自宅前の階段で、大きな犬がこちらを向いてお座りしていた。

 デカイ犬! 飼い始めたのか? 家の前でお留守番?
 と思ったが、よく見ると何か雰囲気が違う。脚が長く、野生のオーラがあると言おうか・・・。

 カメラを持って、車から降りた。もしかしてコヨーテか? ドキドキする。コヨーテなら写真と動画で見たことがあるが(第80回を参照)、実際に見るのは初めてだ!

 写真を撮りながら少しずつ近づいていくと、コヨーテらしき動物は警戒して歩き始めた。

[画像のクリックで拡大表示]

 でも、あまり遠くへ行こうとはしない。カメラを意識しつつも、ほかのことも気にかけているようだ。メスかこどもたちが道の反対側で、待っているのだろうか? 10分ほどすると、何かをあきらめたかのように、森の中へとゆっくり歩き去った。

[画像のクリックで拡大表示]

 長くこの辺りに住んでいるステーションのスタッフに写真を見せ「これは犬ではないよね?」と尋ねたところ、コヨーテだと教えてくれた。大きいのでおそらくオスという。コヨーテは、北米と中米に分布していて、コスタリカでは太平洋側の低地の乾燥林から中央を縦に走る高山地帯に生息している。

[画像のクリックで拡大表示]

次のページは、今週のピソちゃん<通せんぼ>です。

コヨーテのオス(左)とメス(右) (ネコ目:イヌ科:イヌ属)<br> 2月10日朝8時、バイオロジカルステーションで学生たちを教えている教員の家の前で撮影されたもの。オスがメスに愛を表現しているように見える。撮影はステーションマネージャーのMarvin Hidalgoさん。オスがまず姿を現し、そのあとしばらくしてからメスが現れたそうだ。メスはオスよりも警戒心が強く、撮影者を気にしている。コヨーテは一夫一妻(一雄一雌)制。メスのお腹が大きい。<br> Coyote,<i> Canis latrans</i>, male on the left and female on the right<br> 体長:80 cm 撮影場所:モンテベルデ、コスタリカ 
[画像のクリックで拡大表示]
コヨーテのオス(左)とメス(右) (ネコ目:イヌ科:イヌ属)<br> 2月10日朝8時、バイオロジカルステーションで学生たちを教えている教員の家の前で撮影されたもの。オスがメスに愛を表現しているように見える。撮影はステーションマネージャーのMarvin Hidalgoさん。オスがまず姿を現し、そのあとしばらくしてからメスが現れたそうだ。メスはオスよりも警戒心が強く、撮影者を気にしている。コヨーテは一夫一妻(一雄一雌)制。メスのお腹が大きい。<br> Coyote,<i> Canis latrans</i>, male on the left and female on the right<br> 体長:80 cm 撮影場所:モンテベルデ、コスタリカ 
[画像のクリックで拡大表示]
コヨーテのオス(左)とメス(右) (ネコ目:イヌ科:イヌ属)
2月10日朝8時、バイオロジカルステーションで学生たちを教えている教員の家の前で撮影されたもの。オスがメスに愛を表現しているように見える。撮影はステーションマネージャーのMarvin Hidalgoさん。オスがまず姿を現し、そのあとしばらくしてからメスが現れたそうだ。メスはオスよりも警戒心が強く、撮影者を気にしている。コヨーテは一夫一妻(一雄一雌)制。メスのお腹が大きい。
Coyote, Canis latrans, male on the left and female on the right
体長:80 cm 撮影場所:モンテベルデ、コスタリカ 

『ミラクル昆虫ワールド コスタリカ』 西田賢司

西田賢司さんの連載「コスタリカ昆虫中心生活」が本になりました!
スゴイ虫からヘンな虫、美しい虫まで、生物多様性の国コスタリカの魅力満載。デザインは寄藤文平さんです。

定価:1800円+税、128ページ、オールカラー

ナショジオストア アマゾン