第114回 ザトウムシが造るミステリーサークルの正体

キノルテラナ属の一種(クモ綱:ザトウムシ目:アカザトウムシ亜目:Cosmetidae科)
A harvestman, Cynortellana cf. oculata
オレンジ色の二つの丸い円のそれぞれ中央には、先が尖ったオレンジ色の突起がある。
体長:約3 mm 撮影地:ベラグアレインフォーレスト、コスタリカ
[画像のクリックで拡大表示]

 コスタリカ大学の後輩が、カリブ海側の熱帯雨林でザトウムシの行動について研究を始めたというので、そのフィールドを訪れることにした。日本に一時帰国する直前、1月半ばのことだ。現場にはブラジルからザトウムシの専門家たちも来ていて、新しい刺激をいろいろいただいた。今回は最新情報も含め、ザトウムシのことを少し書いてみよう。

 さてザトウムシを細長い脚を持つクモだと思っている人は少なくない。ザトウムシはクモでも昆虫でもない。クモと同じく脚の数は8本だが、ハッキリとした違いがある。例えば、この表のような具合。

  クモ ザトウムシ
頭胸部と腹部 分かれている 分かれていない
8つ 2つ
出す 出さない
獲物 液状化して吸収 固体のまま摂取

 ザトウムシは、クモとちがって頭胸部と腹部の間にくびれがない。前から2番目の脚が他の脚よりも長く伸びていて、歩くというよりも、昆虫で言う触角のように周囲を探る役割を果たすものが多い。探りながら歩く様子が、ザトウムシ(座頭虫)の名前の由来なのだろう。最近の研究では、クモよりもサソリやカニムシなどのグループに近いとされている。

 ザトウムシは世界中に分布していて、前回紹介したガガンボのような細長い脚をもつものが多いが、熱帯アメリカにはカニのようにガッシリとした体格でカラフルなものもたくさん生息している。これまでに6500種以上が記載され50近くの科に分類されている。日本にいないグループには、科の和名がないこともしばしばだ。

 その中でもコスタリカでよく出会うのが、比較的カラフルなコズメティディ(Cosmetidae)科のザトウムシだ。以前住んでいた首都サン・ホセ近郊の街中にもいた(下の写真)。

コズメティディ科エウキノルタ属のザトウムシの一種。しこを踏む横綱の雰囲気が漂うポーズ。正面から撮影してみた。前から2番目の脚が触角のような役割を果たす。(真上から撮った写真も下に載せています)
[画像のクリックで拡大表示]

 今、ぼくが住んでいるモンテベルデの家の周りでも、幾種ものコズメティディ科のザトウムシを見かける。昼間は見かけないが、暗くなってから庭を歩くと、草木の上に出てきたり、地面を徘徊したりしていて、鮮やかな模様が懐中電灯の光に浮かび上がる。

 ザトウムシは雑食性で、小型の昆虫やミミズ、生きものの糞や死がい、キノコや落ちた果実などを食べる。10年ほど前、キリギリスの仲間をおびき寄せようとして、タマネギの破片を林道沿いにまいておいたら、キリギリスではなく、ザトウムシとアギトアリがタマネギの汁を舐めにやって来ていたのを覚えている。

 よく考えると、ザトウムシが虫などを捕食している場面には、これまでにそれほど出会っていない。それよりも、蜜に集まっているところに出会うことが多い。例えば、モンテベルデの家の庭では、ランの花の蜜にやって来ているところをよく見かける(次の写真)。

夜中、ランの花の蜜に集うザトウムシ。
[画像のクリックで拡大表示]

 ビワハゴロモが放つ甘いオシッコ(排泄物)を舐めにやって来ていたのも印象的だった(次の写真)。

次のページは<メスの産卵場所を用意して、卵を守るオスのザトウムシ> です。

木の幹の皮が裂けて飛び出している部分にビワハゴロモ(エンコフォラ・サンギネアEnchophora sanguinea)の甘いオシッコが当たり、そこへカワザトウムシの仲間がやって来た。
[画像のクリックで拡大表示]
キノルトゥラ属の一種(アカザトウムシ亜目:Cosmetidae科)
Harvestmen, Cynortulla sp.
お猿さんの顔から脚が出ているように見える。「猿の口」の部分は触肢で、平たくなっているのがコズメティディ科の特徴のひとつだ。
体長:約5 mm 撮影地:ベラグアレインフォーレスト、コスタリカ
[画像のクリックで拡大表示]
パエシラエマ属の一種(アカザトウムシ亜目:Cosmetidae科)
A cosmetid harvestman, Paecilaema sp.
2012年の文献によると、これは未記載種で新種のようだ。これからもザトウムシの新種がたくさん見つかりそうだ。
体長:約5 mm 撮影地:ベラグアレインフォーレスト、コスタリカ
[画像のクリックで拡大表示]
エウキノルタ属の一種(アカザトウムシ亜目:Cosmetidae科)
A cosmetid harvestman, Eucynorta sp.
以前住んでいた家の裏庭に現れたザトウムシ。そのデザイン性に刺激されて採集! 白バックで撮影してみた。
体長:約5 mm 撮影地:サンイシドロ・デ・コロナド、コスタリカ
[画像のクリックで拡大表示]