第138回 『タケコプター』を付けた不思議なツノゼミ

午後のスコールが降り始めた。大きな雨粒がバチバチと葉に当たり始めるころ、ヨツコブツノゼミたちは中央の葉脈、葉の付け根の方で一列に並んでいた。雨の影響が一番少ない場所に避難しているようだ。

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー