第136回 イモムシのうんちにそっくりなツノゼミ

ノボタン科の茎の先端辺りで見つけた、体長3ミリほどのムシノフンツノゼミのメスと卵(奥の白い部分)。小さな赤茶色のアリたちがやって来ていたので、フンではなくツノゼミだとわかりやすかった。撮影地はサン・ラモンにあるコスタリカ大学が保有する森。

【元の記事へ戻る】