第136回 イモムシのうんちにそっくりなツノゼミ

キク科の植物にいたムシノフンツノゼミ。真横から撮影。微妙な体形の違いに加え、翅の部分に模様が入っていたり、細かい毛の生え具合が違っていたり、それぞれの種で違うようだ。大きさは3ミリほど。撮影地は、ブラウリオカリージョ国立公園。

【元の記事へ戻る】