第4回 夢は、100歳までに100回の冒険

――それは楽しみです。期待していますよ。マイクさんの目下の関心は?

マイク シベリアに行く計画を練っています。誰も行っていない場所というだけではなく、低温への挑戦です。以前、マイナス20℃の山で、温度計やカメラが動かなくなったことがありました。それ以下の寒い地域で山に登り、どれくらいの低温まで活動ができるのかを試してみたいと思っています。これは、僕にとっての新しい謎であり、冒険です。

 ほかにも、この2~3年で23カ所の遠征を考えています。100歳まで生きて、100回の冒険をすると決めているんです。自分で格好いいかなと思っているだけなんですが、今はその目標にとりつかれています。

――このインタビューの読者には、冒険旅行に興味を持っている方も少なくないと思います。何かメッセージを。

マイク 冒険をしたいと思うなら、今がその時。人生は素敵だ。情熱を抑える理由なんてどこにもない!

[画像のクリックで拡大表示]

(おわり)

Mike Libecki(マイク・リベッキー)

1973年生まれ。カリフォルニア州クローヴィス出身。ヨセミテ国立公園近くに生まれ育ち、10代の頃からロッククライミングを楽しむようになる。2002年のグリーンランドを機に本格的な遠征をスタート。これまでの冒険旅行は65回を越え、訪れた国は100カ国以上。
2013年、ナショナル ジオグラフィックの「Adventurers of the Year」に選ばれる。マイク・リベッキー公式サイトはこちらから。


高橋盛男(たかはし もりお)

1957年、新潟県生まれ。フリーランスライター。自動車専門誌の編集を手がけたのちフリーライターに。JR東日本新幹線車内誌「トランヴェール」、プレジデント社「プレジデント」「プレジデントファミリー」などに執筆。