第3回 親子で踏みしめた南極の大地

――見知らぬものとの出会いは、貴重な経験ですね、人が成長するうえで。

マイク 実はタンザニアの旅で、キリマンジャロ・キッズ・コミュニティという孤児院も訪ねました。子どもたちの生活と施設の活動を支援するためです。

これから地球をどうしていくのかは、私たちの世代が責任を持って考え、取り組まなければならないことです。世界を平和にする、途上国の人々に人道的な援助をする、人種差別をなくすなど、それらは非常に重要なことです。次の世代に地球を託すうえで、それを実感してほしいと思い、リリアナと施設を訪ねたのです。

――二人で訪ねた施設のことと、今後の抱負を最後にお尋ねしましょう。

タンザニアの旅で訪れた孤児院にて photo by Mike Libecki
[画像のクリックで拡大表示]

(つづく)

Mike Libecki(マイク・リベッキー)

1973年生まれ。カリフォルニア州クローヴィス出身。ヨセミテ国立公園近くに生まれ育ち、10代の頃からロッククライミングを楽しむようになる。2002年のグリーンランドを機に本格的な遠征をスタート。これまでの冒険旅行は65回を越え、訪れた国は100カ国以上。
2013年、ナショナル ジオグラフィックの「Adventurers of the Year」に選ばれる。マイク・リベッキー公式サイトはこちらから。


高橋盛男(たかはし もりお)

1957年、新潟県生まれ。フリーランスライター。自動車専門誌の編集を手がけたのちフリーライターに。JR東日本新幹線車内誌「トランヴェール」、プレジデント社「プレジデント」「プレジデントファミリー」などに執筆。