第1回 イラストも文字もまったく意味不明、ボイニッチ手稿

 米イェール大学の図書館には、世界で最も興味深い書物の一つが収蔵されている。「ボイニッチ手稿」と呼ばれるこの古文書は20世紀の初めに、稀少本を扱う古書商によって発見された。その名称はその古書商の名にちなむ。

 文書には、いまだに未解読の暗号のような文字が記され、不可解な秘密めいた多数の挿絵が描かれている。でたらめな空想の産物だとする説もあれば、何か偉大な知恵が隠されているかもしれないと期待する声もある。

 手稿の大きさはA5サイズより少し小さく、厚さ5センチメートルほど。ベラムという上質な羊皮紙で作られ、240ページにわたって未知の言語と思われる手書きの文字でぎっしりと埋め尽くされている。大半のページには、文章の間にたくさんの奇妙な絵や図形が描かれている。放射性炭素年代測定によると、文書は1400~1440年の間に作られたと見られる。内容は、挿絵の特徴から推測して、生物学、占星術、薬学、薬草、処方の五つの分野に区分することができる。

米イェール大学の蔵書数は1100万冊超で、大学図書館としては米ハーバード大学に次いで世界第2位と言われる。蔵書の約半数は、ゴシック建築様式の巨大なスターリング記念図書館に収められている。
[画像のクリックで拡大表示]

 その来歴をたどること自体が、まずは大仕事だ。古書商ボイニッチが1912年にイタリアで手稿を見つけたとき、ページの間に一通の書簡が挟まっており、そこには神聖ローマ帝国の皇帝ルドルフ2世(1552~1612年)が600ダカット(現在の価値で約10万ドル)で手稿を購入したと書かれていた。

 中世から近世にかけて、数多くの宗教家や学者、収集家の手から手へと渡った手稿だったが、いったん歴史上からその姿を消した後の1912年、イタリアのコレジオ・ロマーノ(現在のグレゴリアン大学の前身)が売却処分した大量の書物の中から、古書商ボイニッチによって再発見される。1930年のボイニッチの死後、手稿はさらに数人の手を経たのち、1969年にイェール大学に寄贈され、現在に至っている。

 手稿の文章はおよそ17万字もの文字から成るとされているが、一部の文字が不鮮明なので正確な数は分からない。言語学者によると、これらは20~30種ほどの記号、つまりアルファベットで構成された“言語”だという。この文書の解読には、二度の世界大戦時に活躍した優れた暗号解読者を含む、世界中の暗号研究者たちが挑んできたが、誰一人として成功した者はいない。

薬草学などの章ではないかと見られるボイニッチ手稿の一部。解読できない文章と同様、描かれている植物(らしきもの)も、実在するものではないと言われている。
[画像のクリックで拡大表示]

 芳しい成果がまったく得られないことから、現在では、そもそも暗号などではないと言い切る者もある。誰かを引っ掛けようとした悪ふざけの類いだというのだ。しかし、偽造品にしてはやけに出来映えが良い。いったいなぜ、わざわざ手間と費用をかけて、21世紀の現在に至るまで専門家たちの頭を悩ませ続ける精巧な偽造品を作ったのだろうか。

 数人の著名な言語学者は、統計学的な分析手法を使って、手稿の記号が既知の言語に似たパターンをもつことを発見している。記号が表しているのはまったく新しい言語なのかもしれないという。

 こうして真実への探求は今後も続いていくだろうし、それがまた、ボイニッチ手稿の魅力ともなっている。少なくとも、手稿の作者(たち)が、謎を解くカギを墓場まで持っていってしまったことは間違いない。

絶対に明かされない 世界の未解決ファイル99
ファティマ第三の予言からチュパカブラまで

子どものころに一度は聞いたあのミステリーが、今よみがえる!

ダニエル・スミス 著
定価:本体2,200円+税

ナショジオストア アマゾン 楽天ブックス