箱根山における過去の地震活動の比較。水色の線が2015年で6月8日まで速報値を示す。駒ヶ岳観測点を中心とした半径5kmの範囲に震源が決まった地震を積算。「第132回火山噴火予知連絡会資料(その3)箱根山 第14図」(気象庁ホームページより)
[画像をタップでギャラリー表示]

「箱根には、いろんな機関がいろんなところで観測点を持っていて、当然、気象庁や、神奈川県の温泉地学研究所も持っています。全部で10カ所以上。それで、地震活動がどんなふうに増えていったかを見たものがこちら。これは地震の回数ですけど、2015年5月の連休前に急激に地震が増えてきているので、そういったことでちょっと活発化しているかなと。下からマグマが上がってきてる。上がってくるときにはバリバリ周りを割りながらくるんで、それによる地震活動だろうなというふうにわかってくるわけです」

 いくつも観測点があると、さらに震源とその深さも特定出来る。それも精度、数百メートル単位で分かる。

「バリバリと割りながらマグマが入ってきて、そこが震源になっている。この辺が割れてるとか、どの辺から噴きそうとか、そういったことを、観測点がいっぱいあると非常に精密に決めることができます。そういったことを見ながら、我々は噴火について判断するということなんですね」

 ここで疑問。藤田さんは何度か、「バリバリと割りながら」という表現を使った。なんとなく分かるような気もするのだが、あまり普段、使う表現でもない。具体的にどういうことなのだろうか。

[画像をタップでギャラリー表示]

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る