第5回:ついにヒミコを発見!

ロサンゼルス国際空港。カーネギー天文台で勤務していた時は観測や研究会のために平均して1~2週間に一度利用していた。自宅に戻らず、ハワイ、チリ、ヨーロッパへと連続で出張することもよくあった。1カ月の移動距離を総時間数(約700時間)で割って求めた、平均移動速度が毎時70キロに達した月もあった。ちなみに何回も長時間フライトが続いたとしても、研究費で買ってよい航空券はエコノミークラスの座席だけなので身にこたえる(写真:RobAn

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー