第1回 テンプル騎士団の財宝

テンプル騎士団の二人の騎士(一人は総長ジャック・ド・モレー)の処刑を描いた絵。サン・ドニ修道会の修道士が編纂した中世の『フランス大年代記』に収録されている。テンプル騎士たちの逮捕と処刑は唐突で凄惨を極めたが、騎士たちはその財宝の秘密を決して明かすことなく死んでいったと言われている。

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー