/atcl/web/15/062300012/

日本のドキュメンタリー写真界を牽引し、海外でも著名な野町和嘉さんが今年7月、写真集『極限高地』を出版する。チベット、アンデス、エチオピアといった標高2000メートルから4000メートルを超す高地に生きる人々の暮らしと信仰を、30年以上かけて追い続けてきたものだ。それら高地の魅力と撮影譚をうかがおう。 (インタビュー・文=高橋盛男/写真=的野弘路)

1~ 4件を表示/4件中