日本のドキュメンタリー写真界を牽引し、海外でも著名な野町和嘉さんが今年7月、写真集『極限高地』を出版する。チベット、アンデス、エチオピアといった標高2000メートルから4000メートルを超す高地に生きる人々の暮らしと信仰を、30年以上かけて追い続けてきたものだ。それら高地の魅力と撮影譚をうかがおう。
(インタビュー・文=高橋盛男/写真=的野弘路)

ナショジオクイズ

Q:世界遺産ストーンヘンジの名前の由来になった言葉といえば次のうちどれでしょう。

  • 石の大舞台
  • 石の絞首台
  • 石の天文台

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ