第6回 山口飛鳥 「ちきゅう」乗船でひらけた研究者人生

海は時に荒れ狂う。「ちきゅう」は掘削を始めると嵐でも作業は続く。最初の嵐では気分が悪くなってギブアップ寸前になったが、船上での研究を何度か経験して、今では船酔いにも強くなった。(提供:山口飛鳥)

【元の記事へ戻る】