第6回 山口飛鳥 「ちきゅう」乗船でひらけた研究者人生

コアサンプルを採取したい箇所に立てる、爪楊枝で作った小旗。研究者の名前が書いてある。希望者が重なると、当事者間で話し合いが行われ、それでも解決できないと、共同首席研究者の裁定が下る。(提供:山口飛鳥)

【元の記事へ戻る】