第4回 澤田郁郎 科学を支える“掘削の親分” 

「ちきゅう」のやぐら(デリック)を下から見上げると・・こんな感じ。 掘削船のシンボルであるデリックの頂上は海面から121m、最大1250トンの重量を吊り下げることができる。(提供:JAMSTEC)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー