JAMSTECの地球深部探査船「ちきゅう」の乗船研究者などによるリレーブログ。第1回に引き続き、研究支援統括(EPM)を務める江口暢久さんが科学掘削船の舞台裏を教えてくれます。「ちきゅう」は、世界中の科学者たちから出される提案をもとに、掘削航海を実施しています。そのプランニングから実施、船上での研究を「黒子」として支えるのが、EPMの重要なお仕事の一つ。巨大科学掘削船が最大限の成果を上げられるように、“よいしょ”と支える「研究支援統括」のお仕事について、江口さんに教えてもらいます。(編集部)

「ちきゅう」への乗船方法には2通りある。一つ目は港からの乗船。そして、もう一つが海上にいる船にヘリコプターで乗り込む方法だ。ヘリコプターで乗船する研究者たちは特別な訓練を受ける。ヘリコプターが洋上に不時着し、ひっくり返った時に機内から脱出するため。乗船者たちはプールに設置されたヘリコプターの模型に座って、水中にひっくり返され、その後、シートベルトを外して、窓を開けて脱出するのだ。
[画像をタップでギャラリー表示]

 東北地方を巨大な地震と津波が襲ってから2カ月後、僕はある国際会議に出席していた。

「……ということで、この航海に求められるのは、水深約7000メートルの海底から、1000メートルほど掘削して地震で動いた断層を採取し、その断層に残っている摩擦熱を測るために温度計を設置することです」

 ある米国人研究者がこう発言した。震災後すぐに、研究者たちはあの津波を起こした断層が、どういうものであったかを明らかにするために動き始めていて、断層までの掘削を行い、断層を回収し、断層に残っている摩擦熱を測らなくてはいけないという結論に至ったのだ。

 その会議には、米国の科学掘削船のオペレーターも、我々JAMSTEC地球深部探査センター(CDEX)も参加していた。先に米国のオペレーターが発言する。「残念ながら、我々の船では、その長さのパイプは重すぎて、掘削を行うことはできない。残念ながら、そこまでチャレンジングなオペレーションは我々には不可能だ」。当然ながら、会議参加者の視線は我々に集中した。

 そして、2012年4月、「ちきゅう」は水深8000メートルに達する日本海溝の上、仙台の東方220キロの太平洋上にいた。

 このように、簡単に(乱暴に?)言うと、科学掘削は研究者が提案し、オペレーターが(研究者とともに)プランニングして、実行する。

☆「ちきゅう」トリビア☆

この日本海溝での掘削航海(IODP第343次航海)で、「ちきゅう」は科学掘削における世界記録を更新した。最深掘削記録、つまり、海面から海底下の掘削到達地点までの長さだ。それまでの世界記録は、1978年に米国のグローマー・チャレンジャー号がマリアナ海溝チャレンジャー海淵で達成した7049.5メートル(水深7034メートル+海底下15.5メートル)。これに対して、「ちきゅう」は水深6899.5メートルの海底から850.5メートルまで掘削。海面からの深さは7740メートルとなり、世界記録の更新となった。

「アジマススラスター」と呼ばれる推進装置。向きを360度変えることができる。風や波、潮力に流されることなく、船を掘削地点上の一定範囲内に保持するために「ちきゅう」に備えられた「ダイナミック・ポジショニング・システム(DPS)」の要だ。6基のアジマススラスターと1基のトンネルスラスターで、船の位置を細かく調整して、船体の位置を一定に保持する。
[画像をタップでギャラリー表示]

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る