第2回 天の川銀河のブラックホール

天の川銀河の心臓部にあるブラックホールを囲む荒々しい領域。エックス線はエネルギー量によって色分けされていて、赤が最も弱く、青になるほど強くなる。ブラックホールそのものは、明るい中心部分の一番上に横たわっていて、近隣にある巨星が放出した高温ガスの層の中に埋もれている。チャンドラX線観測衛星で撮影した画像。(NASA/CXC/MIT/F. Baganoff, R. Shcherbakov et al.)

【元の記事へ戻る】