第2回 天の川銀河のブラックホール

天の川銀河の中央部分の地図。1995年から2008年までの間に観測したいくつかの明るい星の動きがプロットされている。軌跡を見ると、姿は見えないが非常に質量の大きな天体がそこにあり、星たちはその周囲を回っていることがわかる。背景の画は、1回の観測で見える恒星の位置を示している。(A.Ghez, Keck/UCLA Galactic Center Group)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー