第二次大戦末期、ノルマンディーに上陸した連合軍の前に立ちはだかった第12SS装甲師団。その大半は17歳の少年だった。幼い頃からナチス思想を信奉しヒトラーに命を捧げると誓った少年たちは勇猛果敢な戦いぶりを示すと同時に、捕虜や民間人を容赦なく処刑する残酷さも際立っていた。少年たちはいかにして冷酷な殺戮兵器となったのか。元隊員らの証言を交えながら、全体主義への陶酔がもたらした悲劇に迫る。

■二カ国語
■60分

ナレーション:銀河万丈

★「ヒトラー・ユーゲント:ティーン・キラーズ」の詳細は番組ページをご覧ください。 (外部サイトへリンクします。)

2022/06/11 更新