豪華客船タイタニック号の残骸が、大西洋の海底で発見されてから約35年。船体の腐食状態を確認するため約15年ぶりの有人潜水調査が行われる。調査チームは最先端の深海潜水艇に高解像度カメラを搭載し、世界初となるタイタニック号の4K映像を撮影。それを元に作成した精密な3Dモデルが、沈没にひんした乗員乗客のドラマを浮き彫りにする。また、今後の腐食の進行を予測すべく、船体のそばに金属サンプルを設置する。

■二カ国語
■60分

ナレーション:豊永利行

★「深海へ!タイタニック号再調査」の詳細は番組ページをご覧ください。 (外部サイトへリンクします。)

2020/11/30 更新