いいねの数で名車が決まる! #カーSOS投票

「カー・SOS 蘇れ!思い出の名車2」より、視聴者が「レストアを見たい!」と思う車にSNSで投票を実施(投票は終了しています)。
投票結果の発表として、反響の大きかったTOP5のエピソードを一挙放送。

▼ラインアップ▼

第5位 カー・SOS 蘇れ!思い出の名車2「母の形見のランドローバー」
9月4日(金) 19:00〜20:00

■二カ国語
■60分

 ティムの故郷シェフィールドでランドローバーシリーズ1を救出する。オーナーのサマンサは、オフロードのアマチュア女性チャンピオンだった母の形見として大切にしている。だが機械的な問題が次々と起こり、16年間走っていない。そこで夫ダンと友人ポールが番組に依頼した。シリーズ1の大ファンであるファズは大喜びだが、この車には規格外のパーツばかり。特にターボは厄介で、2人の気持ちは折れてしまいそうになる。

第4位 カー・SOS 蘇れ!思い出の名車2「悩めるエスコートRS」
9月4日(金) 20:00〜21:00

■二カ国語
■60分

 1980年代初期、少年レーサーに大人気のピンナップといえば、フォード・エスコートRS1600iだった。しかし現在イギリスには250台しか残っていない。その1台を持つのがエイドリアン。修理するつもりで7年前に購入したが、多発性硬化症のためできなくなった。妻が夫に笑顔を取り戻してほしいと番組に連絡。しかし表面的な修理だけだと思っていたが、実際はサビと素人修理だらけで、3週間で完成させるのは不可能に見えた。

第3位 カー・SOS 蘇れ!思い出の名車2「デンマークのボルボ・アマゾン」
9月4日(金) 21:00〜22:00

■二カ国語
■60分

 今回番組は、初めて海を越えデンマークに向かった。救出するのは1968年製のボルボ・アマゾンだ。オーナーのイェンズは、父から車を受け継いだものの、心臓発作を起こして以来、修復作業を進められていない。さらに最近になって、いずれ失明すると医師に宣告されてしまった。家族からのSOSを受けたティムとファズはデンマークへ。しかし遠く離れた異国での修復作業は困難を極める。果たして2人は無事に車を復活させられるのか?

第2位 カー・SOS 蘇れ!思い出の名車2「愛する祖父のVWキャンピングカー」
9月4日(金) 22:00〜23:00

■二カ国語
■60分

 カーSOSのチームはイングランド北部の街、ハートルプールへ向かう。フォルクスワーゲンのキャンピングカーを救出するためだ。オーナーはクラシックカーファンのブライアン。40年前から所有しており、家族の一部となっているが、彼が大きな発作を起こして以来、維持できず、車は傷んでしまっていた。ティムとファズはレストアしてブライアンを驚かせ、元気になってほしいと願うが、まずはどうにかして持ち帰らなくてはならない。

第1位 カー・SOS 蘇れ!思い出の名車2「ポルシェ911、奇跡のレストア」
9月4日(金) 23:00〜24:00

■二カ国語
■60分

 オーナーの妻タニアの依頼で、1986年式ポルシェ911を救出する。重い病気を抱えたタニアは、家族に献身的な夫ビリーに感謝をささげたいと番組にSOSを発信。しかし漏電火災で焼けた後4年間放置されていたこの車は、今にも自己破壊しそうなくらい損傷が進んでいた。漏電の原因を突き止め修復を開始するも、それは番組史上最も過酷な作業だった。3週間後のシルバーストーン・サーキットでのお披露目まで、果たして間に合うのか?

★「#カーSOS投票」の詳細は番組ページをご覧ください。 (外部サイトへリンクします。)

2020/08/28 更新