ナショジオ オープンキャンパスはナショナル ジオグラフィックが地域の企業、行政、大学と連携し、環境保護を推進していくプロジェクトです。
次世代へと繋ぐべき、美しき「地球の自然と、そこにある命」と大切な「地球の今」を知ってもらえるような番組を放送します。

放送番組を一部抜粋

4月5日(日)11:00-13:00
未来のエネルギー [二]
 世界は今、深刻なエネルギー問題に直面している。スイッチひとつで電気がつき、安くて便利な輸送手段が当たり前となった現代、私たちは環境破壊を食い止めながら、いかにして必要なエネルギーを手に入れることが出来るのか―今回のシリーズでは、ダラス・キャンベルとキャリー・バイロンが世界各地を巡り、エネルギーの新たな未来を模索する人々を訪ね、体験リポートを交えながらその斬新なアイディアや画期的な手法を紹介する。

■原題:Positive Energy
■二カ国語
■60分×3話

4月12日(日)12:00-13:00
ジャッキー・チェンのリサイクル大作戦 [字]
 アクション映画界の重鎮、ジャッキー・チェン。100本以上の作品に出演してきたが、撮影現場で大量に出るゴミの問題に、怒りと自責の念を感じていた。償いとして、環境技術の専門家アーサー・ホワンに協力を仰ぎ、リサイクル計画を立ち上げる。移動可能な工場を造り、あらゆる場所でゴミから価値あるものを製造しようというのだ。電力のない辺地でも実現するのか?青海チベット高原の人々と触れ合いながら、過酷な環境での実験が始まる。

■原題:Jackie Chan's Green Heroes
■字幕
■60分

4月26日(日)11:00-13:00
ジェーンのきぼう [字]
 チンパンジー研究の先駆者であるジェーン・グドール博士。本作では、自然保護活動家として尽力するジェーンの姿を追う。彼女は研究者として活動する中で、動物たちを取りまく環境に危機感を覚え、1986年に自然保護活動家に転身。その後は各界の権威者への働きかけや、次世代の保護活動家を育成するための啓蒙活動を行うなど、精力的に自然の大切さを訴えてきた。ジェーンは野生の楽園・タンザニアへ戻り、未来へのメッセージを伝える。

■原題:Jane Goodall's The Hope
■字幕
■120分

★「ナショジオ オープンキャンパス」の詳細は特集ページをご覧ください。 (外部サイトへリンクします。)

2020/04/01 更新