1944年6月6日のD-Dayから数週間が経過。その間、ノルマンディーの海岸から上陸した連合軍は、ヨーロッパ各地へと進撃を続けていた。対するドイツ軍も激しい抵抗を示し、連合軍が駒を進める先は、どこも炎に包まれた戦場と化す。ヨーロッパを解放するためには、各地の海軍基地、城塞、要塞都市などの軍事拠点を奪還し、ナチスを崩壊させるしかない。まさに命懸けの戦いを繰り広げる連合軍。その激戦の数々を紹介する。

■字幕
■60分×6話

一部のエピソードをご紹介

「サン・マロの港を奪還せよ」
 D-Dayから2カ月が経過し、連合軍の物資不足が深刻化。連合軍は供給路を確保すべく、三方を海に囲まれた要塞の町であるサン・マロの奪還に躍起になっていた。サン・マロに進軍する米軍第83歩兵師団を援護するため、第121歩兵連隊はランス川の対岸にあるディナールへ向かう。だが、第3大隊が独軍に包囲され、孤立する。第83歩兵師団のメーコン将軍はサン・マロ奪還だけでなく、第3大隊の救出も成功させなければならなかった。

「アントワープを制圧せよ」
 1944年10月。連合軍は9月に独軍が占領したアントワープ港を無傷のまま奪還したが、スヘルデ川の河口には、まだナチスが居座っている。港を使うためには、ワルヘレン島を攻略して、河口を制圧しなければならない。カナダ軍カルガリー・ハイランダー連隊は英国軍の上陸作戦に先んじて、島の反対側に進撃。独軍の注意を引き、英国軍を援護するという作戦に出る。彼らは独軍の激しい抵抗に遭いながら、島へと続く陸路を進んでいく。

「マーケット・ガーデン作戦を強行せよ」
 1944年9月。D-Dayから3カ月。連合軍はフランスを抜けて進撃し、ドイツ国境に迫った。英国軍のモントゴメリー将軍は、ベルリンに一番乗りを果たし、連合軍の司令部を掌握しようと思案する。そして、史上最大の空挺作戦である、マーケット・ガーデン作戦を強行する。空挺部隊がナチスの防衛線内に降下し、アルンヘム橋の制圧を目指す作戦だ。しかし、独軍の猛反撃に遭い、橋の奪還に失敗。退路には独軍との壮絶な戦いが待っていた。

★「窮地のヒトラー:進撃の連合軍 2」の詳細は番組ページをご覧ください。 (外部サイトへリンクします。)

2020/02/03 更新