関係者の証言やインタビュー、再現ドラマ、最先端CGなどを通じて航空機事故の真相を解明する本作。今シーズンは錐もみ状態で墜落し、その後に矛盾する証拠が見つかるスウェーデンの貨物機。荒野に墜落したが、信じるには原因があまりに不吉なアフリカの旅客機。パキスタンの旅客機がカトマンズへの進入途中にヒマラヤ山中で失踪、衝突コースの特定に取り組むネパールの調査チームなどを取り上げ、航空機事故の真実と真相に迫る。

■二カ国語
■60分×10話

一部のエピソードをご紹介

「パキスタン国際航空268便」
 1992年9月28日。ネパールのカトマンズに着陸のため降下を続けていたパキスタン航空の旅客機が消息を絶つ。数時間後、空からの捜索でヒマラヤ山脈の山腹に激突した残骸が見つかる。軍の支援のもと調査官たちは高く険しい山岳地帯の現場調査に挑み、ブラックボックスの回収に成功する。そして音声データが回復されたコックピット・ボイスレコーダーに原因発見の望みを託すが、そこにクルーたちの会話は残っていなかった。

「ウエスト・エア・スウェーデン294便」
 2016年1月8日。ノルウェーのオスロから北極圏のトロムソに向かっていた貨物機がメーデーを発し、制御を乱してスウェーデン国境を越えた地点に墜落。翌日、墜落現場から壊れたブラックボックスが発見され、乗員の遺体とともに回収される。懸命なデータ回復の取り組みに成功したボイスレコーダーから聞こえてきた音声は、混沌と混乱に満ちた恐ろしい状況だった。順調に飛行を続けていた機内で、何が唐突に起こったのだろうか。

★「メーデー!18:航空機事故の真実と真相 」の詳細は番組ページをご覧ください。 (外部サイトへリンクします。)

2020/01/30 更新