タイタニック号を発見した海底探検家ロバート・バラード。今回彼は太平洋に浮かぶある島へ向かい、伝説の飛行士アメリア・イアハート失踪の謎に挑む。アメリアは数々の飛行記録を打ち立て、女性にとっての障壁を打ち破った女性飛行士の先駆けであり、歴史上最も有名な女性の1人だ。しかし1937年、彼女は突如消息を絶った。果たしてバラードは彼女の飛行機を発見することができるのか。

■二カ国語
■120分

ナレーター:朴璐美

一部のエピソードをご紹介

「幼少期」
 1897年アメリカ、カンザス州出身。ドイツ系の裕福な家庭に生まれた。
幼い頃から、大胆で奔放な気質だったアメリアは男の子たちとバスケットボールやかけっこをして、よく”もっと女の子らしくしなさい”と祖母に言われていたという。
 しかしアメリアは”男らしい”や”女らしい”といったジェンダーの概念にとらわれることなく、”自分”がしたいことを、自由に思い切り楽しむという人生を幼いころから自然と歩んできた。

「アメリアが有名になったきっかけ」
 アメリカ全土で当時、パイロット免許を持っていた女性は16人しかいなかった1920年に、アメリアは飛行機を買い、パイロット免許を取った。フライト用燃料を買うために、アメリアはどんな仕事でも引き受けたという。そんなある日、とある女性パイロットが飛行のデモンストレーションに失敗してしまう。それを見た観客が”女だから失敗したんだ”と言ったのを聞いたアメリアは、飛行機に飛び乗り彼らの目の前で素晴らしい飛行と着陸をして見せたのだ。これがメディアの目にとまり、彼女の名前は知られるようになった。

「女性初の快挙!」
 1932年に女性として初めて大西洋単独横断に成功。世界中で一躍有名となり、アメリアのチャーミングな性格と明るい笑顔は大人気を博した。
 同じく1932年には女性として初めて米大陸単独横断無着陸飛行にも成功。
 これらの快挙をきっかけにアメリアは、女性たちの航空分野での道の開拓に成功したのだ。

★「伝説の女性飛行士 アメリアを探して」の詳細は番組ページをご覧ください。 (外部サイトへリンクします。)

2020/01/01 更新