未来の人類をドラマとドキュメンタリーの融合で描く「イヤーミリオン」全4話の中から『シンギュラリティ』を放送。人工知能は人間にとって脅威となるか、あるいは協力者となるか。

 将来、人間の暮らしはどう変化するだろう?未来の世界では、至る所に人工知能が存在し、発達した医療と生物学のおかげで寿命が飛躍的にのびるかもしれない。さらにテレパシーやバーチャルリアリティーによって、コミュニケーション、仕事、学習の手段も今とはまったく違うものになるだろう。やがて人類は宇宙へ。そこでは新たな惑星、資源、未知の生命体に出会えるかもしれない。そんな未来は我々に何をもたらすのか?

■二カ国語
■60分×6話

「シンギュラリティ」
 神経科学と技術の進歩により、かつてのSF映画に描かれたような世界へと近づき始めている。その世界では、人工知能は人間と区別できないほど高性能になり、それどころか人間を超えるような存在になるかもしれない。それはシンギュラリティという新たな時代であり、人工知能が人間にとって脅威となるか、あるいは協力者となるか、その分かれ道となるだろう。最終的に人間は人工知能と融合し、新たな人類の形が生まれるかもしれない。

★「シンギュラリティ」の詳細は「イヤーミリオン」番組ページをご覧ください。番組ページをご覧ください。 (外部サイトへリンクします。)

2018/10/11 更新