本書の内容

数千年の昔、当時の男性優位の社会制度をものともせずに、女性がたびたび支配者となり権力を握っていた国があった。古代エジプトである。本書は、「神の権化であるエジプトの王」として国を支配していた6人の女性――メルネイト、ネフェルソベク、ハトシェプスト、ネフェルティティ、タウセレトそしてクレオパトラの生涯と、その歴史的背景を、美しい写真とイラスト、精密な歴史地図などによって詳しく解説する。
この6人の女王たちは、男性を陰で操る者としてではなく、純然たる国家の長として最大の権力を行使した。いずれもはじめは王妃、すなわち夫である王の配偶者にすぎなかったのだが、やがて数奇な運命をたどるなかで国の中心的な意思決定者となり、うち5人はまごうことなき王となった。栄枯盛衰が繰り返された3000年のエジプト史を通じて、彼女たちは正真正銘の「ウーマンパワー」を行使していた。そのドラマチックな物語を理解するために、本書はエジプトの女王のひとりひとりの生涯と人物像を精緻に描いている。

目次

はじめに なぜ女性が世界を支配できたのか
第1章 血の女王、メルネイト
第2章 最後の女王、ネフェルソベク
第3章 広報戦略の女王、ハトシェプスト
第4章 美しき共同統治王、ネフェルティティ
第5章 野心を貫いた女王、タウセレト
第6章 歴史的ヒロイン、クレオパトラ

本書のサンプル

エジプトの女王 6人の支配者で知る新しい古代史 サンプル画像①
エジプトの女王 6人の支配者で知る新しい古代史 サンプル画像②