本書の内容

重厚壮大な伝統と、越境者の華麗なる賛歌。
ヒンドゥー教、ユダヤ教、仏教、バハイ教、道教といったさまざまな宗教の寺院・神殿・聖堂のほか、今に残る古代の神殿も収録。
長い伝統に磨かれ、美しく神聖な空間として訪れる人の心を慰め、満たし、ときに人々を結びつける場所。生活に欠かせない信仰のための場所。さらに美しい名建築としても、多くの人を集める場所。そうした寺院や神殿を、多様な宗教から広く集めた。
世界遺産として名高い壮麗な大建築、その地で篤い信仰を受ける聖地、難民や移民が苦労の末建てた豪華な宗教施設など、今見るべき世界の寺院・神殿を紹介する。

目次

はじめに

ヨーロッパ

ニュー・ウエスト・エンド・シナゴーグ、シュリ・スワミナラヤン寺院、パルデンシャンパ・ラ・ブレイユ、メゾン・カレ、カルパントラのシナゴーグ、リバダビアのシナゴーグ、神殿の谷、ポセイドン神殿、ジュビリー・シナゴーク、コラール寺院、他

アフリカ・中東

チャクチャク、クリシュナ寺院、エル・グリーバ・シナゴーグ、カルナック神殿、ハトホル寺院、バッカス神殿、拝火神殿、他

アジア

カンダーリヤ・マハーデーバ寺院、黄金寺院、ロータス寺院、スーリヤ寺院、ジャパニーズ・ピース・パゴダ、ボダナート、塔雲山、青羊宮、佛光山寺、芬陀院、南禅寺、厳島神社、ポーウィンタウン石窟寺院、ワット・シェントーン、アンコール・ワット、バトゥ洞窟、ウルン・ダヌ・ブラタン寺院、プランバナン寺院、他

南北アメリカ

国際仏教観音寺、アカリ・シン・シク教寺院、エルドリッジ・ストリート・シナゴーグ、天后宮、シクグルドワラ、マリブ・ヒンドゥー寺院、平等院、カラクムル、ミクベ・イスラエル=エマニュエル・シナゴーグ、他

巻末資料 世界の寺院・神殿マップ

サンプル画像

いつかは訪れたい 美しき世界の寺院・神殿 サンプル画像① ジュビリー・シナゴーグ(チェコ共和国、プラハ)
いつかは訪れたい 美しき世界の寺院・神殿 サンプル画像② 拝火神殿、沈黙の塔(イラン、ヤスド)
いつかは訪れたい 美しき世界の寺院・神殿 サンプル画像③ シュリ・スワミナラヤン寺院(英国ロンドン、ニーズデン)
いつかは訪れたい 美しき世界の寺院・神殿 サンプル画像④ バガン(ミャンマー)
いつかは訪れたい 美しき世界の寺院・神殿 サンプル画像⑤ ウルン・ダヌ・ブラタン寺院(インドネシア、バリ島)
いつかは訪れたい 美しき世界の寺院・神殿 サンプル画像⑥ ロータス寺院(インド、デリー)

著者紹介

マイケル・ケリガン
英国オックスフォードのセント・エドワード・カレッジとユニバーシティ・カレッジで教育を受ける。歴史に関する本の執筆のほか、書評をタイムズ文芸付録などに寄稿している。『いつかは訪れたい 美しき世界の教会』『世界の宮殿廃墟 華麗なる一族の末路』(日経ナショナル ジオグラフィック)など著書多数。英国エディンバラ在住。