本書の内容

1000年にわたり地中海世界に存在し、覇者として君臨したローマ帝国。小さな都市国家として誕生し、王政、共和政から帝政への移行を経て、隣国とのせめぎ合いのなかで広大な領土を支配するに至り、東西に分裂し、崩壊した。この魅惑の帝国が歩んだ足跡を、20枚を超える詳細な地図、そして図解、イラスト、写真とともにたどる。歴史のロマンを楽しむ1冊。

目次

イントロ ローマ世界

1章 ローマの曙(紀元前753~31年)

ローマの始まり/西方での初期の紛争/初期の東方征服/ユリウス・カエサルの権力掌握/オクタウィアヌスの台頭

2章 帝国統治の確立(紀元前30~紀元95年)

パクス・ロマーナと帝政の行政機構/ローマのユダエヤ征服/度を超したネロの野望/ポンペイ最後の日/余暇を楽しむ生活

3章 帝国の絶頂期(96~176年)

トラヤヌス帝の版図拡大/ハドリアヌスの国境防衛/ローマにおける女性の役割/ローマの宗教

4章 帝国の落日(177~476年)

ローマを脅かす危機/ローマ帝国におけるユダヤ教とキリスト教/帝国の分裂/蛮族の侵略/ローマの遺産

本書のサンプル

ナショナル ジオグラフィック別冊  ローマ帝国 サンプル画像①
ナショナル ジオグラフィック別冊  ローマ帝国 サンプル画像②
ナショナル ジオグラフィック別冊  ローマ帝国 サンプル画像③
ナショナル ジオグラフィック別冊  ローマ帝国 サンプル画像④
ナショナル ジオグラフィック別冊  ローマ帝国 サンプル画像⑤