本書の内容

アノマロカリスからドードーまで、6億年の全記録!

35億年以上にわたる生命の歴史の中で、動物の歴史は6億年。この間、壊滅的な大量絶滅が5回あり、そのたびに全生物種の4分の3以上が姿を消した。生命の歴史は絶滅の歴史でもある。

本書は、絶滅してしまった動物や、絶滅したと思われていたがその後再発見された動物を、それぞれの時代背景を踏まえつつ紹介する。カンブリア紀の不思議な生き物から人類の祖先まで全87種を、豊富なイラストとわかりやすい解説で堪能するビジュアル図鑑。

目次

序文
第1章 最初に現れた動物たち
第2章 陸上への進出
第3章 恐竜の時代
第4章 哺乳類の台頭
第5章 人類の登場
第6章 最近の1000年
索引

本書のサンプル

絶滅動物図鑑 地球から消えた生き物たち サンプル画像① 序文
絶滅動物図鑑 地球から消えた生き物たち サンプル画像② ウィワクシア
絶滅動物図鑑 地球から消えた生き物たち サンプル画像③
絶滅動物図鑑 地球から消えた生き物たち サンプル画像④ ホモ・ハビリス
絶滅動物図鑑 地球から消えた生き物たち サンプル画像⑤ ケナガマンモス

著者紹介

ジョン・ウィットフィールド
ケンブリッジ大学で動物学の博士号を取得。科学ジャーナリストとして20年のキャリアを持ち、『サイエンス』『サイエンティフィック・アメリカン』『ニュー・サイエンティスト』『スレート』『ロンドン・レビュー・オブ・ブックス』の各誌に記事を執筆。科学誌『ネイチャー』では6年間、進化、生態学、自然保護をテーマに記事を執筆。著書に「人々は話す 驚くべき評判の科学」、「生き物たちは3/4が好き 多様な生物界を支配する単純な法則」(化学同人)がある。

日本語版監修

福井県立恐竜博物館
地質・古生物学分野に特化した日本で唯一の県立自然史系博物館。楽しみながら地球を丸ごと理解できる施設として、 2000年7月に開館した。恐竜をはじめとする多くの古生物のほか、鉱物や岩石、海洋に関する地球科学関連の展示、原初の生命から人類の登場に至る生命の歴史を紹介するゾーン、さらには実物大ジオラマや恐竜ロボットが来館者を迎える。