本書の内容

ホルモンは体のどこで作られ、どのように作用するのか、私たちにどう影響しているのかを解説。さらに、人生の段階や生活の場面ごとに、ホルモンのはたらき、バランスを欠いた場合の問題、健やかに過ごすためのヒントを詳しく紹介。最後に、ホルモンの利用についての実際、医療や科学の現状と将来を見渡す。

目次

序文
[第1章] ホルモンは何をしているのか
[第2章] ホルモン入門
成長/体液とホルモンの関係/性の発達/生殖/閉経と更年期/睡眠/脳の機能と感情/消化、食欲、体重/ホルモンに関わる病気/老化
[第3章] ホルモンが開く未来
用語集
索引

本書のサンプル

ビジュアル ホルモンのはたらき パーフェクトガイド サンプル画像①
ビジュアル ホルモンのはたらき パーフェクトガイド サンプル画像②
ビジュアル ホルモンのはたらき パーフェクトガイド サンプル画像③
ビジュアル ホルモンのはたらき パーフェクトガイド サンプル画像④
ビジュアル ホルモンのはたらき パーフェクトガイド サンプル画像⑤
ビジュアル ホルモンのはたらき パーフェクトガイド サンプル画像⑥
ビジュアル ホルモンのはたらき パーフェクトガイド サンプル画像⑦
ビジュアル ホルモンのはたらき パーフェクトガイド サンプル画像⑧

著者紹介

キャサリン・ウイットロック

サイエンスライター。生物科学学士、免疫学博士。科学、医学、自然などの分野で活躍。英国ケント州在住。

二コラ・テンプル

保全生物学に従事したのち、科学および環境を専門として執筆に専念。生物科学学士。英国ブリストル在住。著書に『食品偽装を科学で見抜く』(日経BP)がある。

日本語版監修

金子(大谷)律子

医学博士、専門は内分泌学、組織学、神経生物学、神経内分泌学。東京大学理学部生物学科動物学教室卒業。山形大学医学部助手、聖マリアンナ医科大学助教授を経て、東洋大学生命科学部教授。