本書の内容

どんな動物でも生きていくためにはコミュニケーションが必要だ。人間は言葉を使って意思を伝達するが、言葉を持たない動物たちはどのような方法で意思の疎通を図っているのだろうか。実はすべての動物たちは、人間の言語に相当する精密なコミュニケーション手段を持っており、我々が想像できないほど豊富な情報交換を行っていることが明らかになってきた。動物のうなり声や鳥のさえずりは、従来は単なる感情の発露と見られていたが、実際には自分が今感じていることではない何かを、意志を持って伝達しようとする「リファレンシャル(対象指示)コミュニケーション」が多く含まれることがわかってきた。本書は、こうした動物のコミュニケーション能力に関する最新の研究結果を、豊富な写真やイラストを使って分かりやすく解説している。

目次

第1章 動物のコミュニケーション

人間の世界では、言語はコミュニケーションの重要なツールである。一方、動物の世界では、言語以外のさまざまな手段で情報が交換されている。動物たちは一体どのような方法でお互いのコミュニケーションをとっているのだろうか、昆虫から哺乳類まで、豊富なフィールド調査の成果に基づき明らかにする。

第2章 社会生活

動物のコミュニケーションは、あいさつ、求愛の儀式、子育てなどにとどまらない。群れの文化的伝統の継承、グループの意思決定を行う民主的システムなど、人間の世界と同じ高度なコミュニケーション手段を持っている。これらの手段は、動物たちの社会生活の基盤を構成している。

第3章 知らなかった世界

動物のコミュニケーションについて科学的な調査が進むにつれ、そこには私たちがまったく知らなかった世界があることがわかってきた。動物たちは、我々人間の想像をはるかに超える高いレベルで情報交換を行っている。こうした事例を通して自然についての理解を深めることができれば、私たちと動物たちの間に新しい関係が構築されるだろう。

■訂正

本書の62ページと72ページに「ツキノワグマ」についての記述がありますが、いずれも正しくは「アメリカクロクマ」です。また、104ページに「タヌキ」についての記述がありますが、正しくは「アライグマ」です。お詫びして訂正します。

本書のサンプル

ナショジオ別冊 動物の言葉 驚異のコミュニケーション・パワー サンプル画像①
ナショジオ別冊 動物の言葉 驚異のコミュニケーション・パワー サンプル画像②
ナショジオ別冊 動物の言葉 驚異のコミュニケーション・パワー サンプル画像③
ナショジオ別冊 動物の言葉 驚異のコミュニケーション・パワー サンプル画像④
ナショジオ別冊 動物の言葉 驚異のコミュニケーション・パワー サンプル画像⑤
ナショジオ別冊 動物の言葉 驚異のコミュニケーション・パワー サンプル画像⑥
ナショジオ別冊 動物の言葉 驚異のコミュニケーション・パワー サンプル画像⑦