本書の内容

ビッグすぎる古生物をビジュアル化!

フランスを含む5カ国で放送されたテレビ番組が再現したCGを使用したビジュアル書籍。
巨大トカゲ、巨大ナマケモノ、巨大サイなど、驚くような巨体が次々登場。
メガラニア、ティタノボア、バルキテリウム、リヴィアタン、メガロドン、フォスファテリウム、マンモス、ケブカサイ、ギタントピテクス。そして生き残った巨大生物クジラ。

【目次】
はじめに
第1章:中生代の巨大生物
第2章:生き残った変温動物
第3章:哺乳類の出現
第4章:海の怪物たち
第5章:孤立した大陸の巨大生物
第6章:ゾウの大進化
第7章:第四紀の大型動物相
第8章:最後の巨大動物

本書のサンプル

消えた巨大生物 サンプル画像①
消えた巨大生物 サンプル画像②
消えた巨大生物 サンプル画像③
消えた巨大生物 サンプル画像④
消えた巨大生物 サンプル画像⑤

著者紹介

エマニュエル・グルンドマン
霊長類学者。執筆、講演を活発に行っている。関心のあるテーマは生物多様性、特に霊長類、森林、森林伐採、両生類、カカポ(フクロウオウム)。子供を対象としたワークショップも行っている。

ピエール=オリヴィエ・アントワーヌ
古生物学者、モンペリエ大学教授。大型陸生哺乳類、特にサイの進化と、アマゾン川の生物多様性の研究に現地と研究室で取り組んでいる。

監修者紹介

福井県立大学恐竜学研究所
日本随一の恐竜産出数を誇る福井で、恐竜学を牽引する教育・研究機関として2013年に開設。

福井県立恐竜博物館
日本で初めて恐竜に特化した博物館として2000年に開館。恐竜を中心とした地質・古生物学博物館として、日本最大の規模と来館者数を誇る。

福井県立大学恐竜学研究所、福井県立恐竜博物館ともに、海外研究機関との共同発掘、新種の発見などの成果を上げている。

シリーズ紹介