本書の内容

冬から春、夏、秋、そしてまた冬へ
季節をめぐり広大な大陸を渡るような気分で、
ページをめくっていけば、
見たことはないが、どこか懐かしい自然を楽しみ、
ゆったりした時間を生きている人々と出会えるはず。

気がつけば、世界から愛される国カナダが、
なぜそんなふうに愛されるのか、
そのわけを感じてもらえるだろう。

写真
アルバータ州:アブラハム湖/ウォータートン湖/エディス・キャベル山/クレセント滝/ジョンストン渓谷/スプリング・クーリー/ツイン・ビュート/ドラムへラー/ナントン/バンフ/マーブル渓谷/モレーン湖/レイク・ルイーズ
オンタリオ州:アガワ渓谷/オタワ/キングストン/サウザンド・アイランズ/トロント/ナイアガラの滝/プリンス・エドワード郡/ブロックビル
ケベック州:イースタン・タウンシップス/オルレアン島/ガスペ/ケベック・シティ/サン・ブノワ・デュ・ラック/サンタンヌ・ド・ボープレ/ペルセ/マドレーヌ島/モントリオール/ローレンシャン高原
サスカチュワン州:サスカトゥーン/レジャイナ
ニューファンドランド&ラブラドール州:ウィットレス湾/ケープ・セント・メアリーズ/ジョー・バッツ・アーム/セント・ジョンズ/ティルティング/トゥイリンゲート/トリニティ/メイバリー/ランス・オ・メドウ/レッド・ベイ
ニュー・ブランズウィック州:ゲージタウン/セント・アンドリュース/セント・マーチンズ/ドーバー/プリンス・ウィリアム/フレデリクトン/ホープウェル・ケープ/ミル・セトルメント
ノースウエスト準州:イエローナイフ/ヘイ・リバー
ノバ・スコシア州:ウェルスフォード/ウルフビル/グラン・プレ/ケープ・ブレトン/ペギーズ・コーブ/マホン・ベイ/ルーネンバーグ
ブリティッシュ・コロンビア州:オカナガン・バレー/キャピラノ川/チリワック/トフィーノ/バンクーバー/ビクトリア/ミアーズ島
プリンス・エドワード島州:インディアン・リバー/オーウェル・コーナー/キャベンディッシュ/サウス・フリータウン/シャーロットタウン/スタンレー・ブリッジ/フレンチ・リバー
ユーコン準州:トゥームストーン/ドーソン・シティ

■マップとインデックス
撮影地と写真の解説

■紀行文:新・絶景を巡る旅 地元の人に愛される素敵な場所
視界いっぱい満開の花/太古の森に包まれる/カナダのなかのフランス/不朽の名作「赤毛のアン」の舞台/知られざる入植者たちの歴史/いつかは行きたい最果ての地/カウボーイの祭典/圧倒的な紅葉/極北の美/真冬の絶景/果てしないイルミネーション

写真家プロフィール

吉村和敏(よしむら かずとし)

1967年、長野県松本市生まれ。県立田川高校卒業後、東京の印刷会社で働く。退社後、1年間のカナダ暮らしをきっかけに写真家としてデビューする。以後、東京を拠点に世界各国、国内各地を巡る旅を続けながら、意欲的な撮影活動を行っている。近年は文章にも力を入れ、雑誌の連載やエッセイ集の出版など、表現の幅を広げている。2003年 カナダメディア賞大賞受賞、2007年 日本写真協会賞新人賞受賞、2015年 東川賞特別作家賞受賞。
写真集に『プリンス・エドワード島』『「フランスの最も美しい村」全踏破の旅』(講談社)、『BLUE MOMENT』(小学館)、『光ふる郷』(幻冬舎)、『あさ/朝』(アリス館)、『Moments on Earth』(日本カメラ社)、『Sense of Japan』(ノストロ・ボスコ)、『RIVER』(信濃毎日新聞社)、『錦鯉』(丸善出版)などがある。

本書のサンプル

Du CANADA サンプル画像①
Du CANADA サンプル画像②
Du CANADA サンプル画像③
Du CANADA サンプル画像④
Du CANADA サンプル画像⑤
Du CANADA サンプル画像⑥
Du CANADA サンプル画像⑦