本書の内容

太古から現代まで、教科書に載っている出来事の背景で下されたリーダーの決断や、後に歴史を動かすことになる世界の片隅の小さな決断などを紹介。

まえがき/石器の制作/出アフリカ/農業の開始/シュメール人の文字/エジプトとヒッタイトの平和条約/アテナの民主主義/シッダルタの旅立ち/アショーカ王の戦争放棄/カエサルのルビコン渡河/パウロの改宗/コンタンティヌス帝のキリスト教改宗/ジョン王のマグナカルタ署名/メディチ家の銀行開設/グーテンベルグの聖書印刷/フェルディナンドとイザベラのコロンブス支援/ザルム伯爵の抗戦/コペルニクスの「天球回転論」出版/デカルトが理性を見いだす/ニュートンの復学/ピョートル1世のロシア再建/植民地が独立に署名/バスティーユ監獄襲撃/米国政府のルイジアナ買収/ビエナ議会の平和/自転車の発明/モンロー主義の表明/ダーウィンがビークル号乗船/リンカーンの奴隷解放/ライト兄弟が飛行機に挑む/グリフィスがハリウッドで映画制作/ガンジーの不服従/ロバート・ジョンソンが悪魔と取引/ルーズベルトのニューディール/英国政府の抗戦/大西洋憲章署名/アイゼンハワーのDデイ/ノーマン・ボーローグの移住/マーシャルプランの公表/ローザ・パークスの拒否/ケネディのキューバ危機回避/ジョージ・マーティンがビートルズと契約/ネルソン・マンデラの拒絶/ゴルバチョフのペレストロイカ推進/スーチー女史のビルマ帰国/ティム・バーナーズ=リーのWWW考案/スティーブ・ジョブズのアップル復帰/ベルファスト合意の締結/索引

本書のサンプル

逆境だらけの人類史 サンプル画像①
シュメール人、筆記を始める
逆境だらけの人類史 サンプル画像②
シッダールタ、悟りを求めて旅立つ
逆境だらけの人類史 サンプル画像③
コペルニクス、『天球回転論』を世に問う
逆境だらけの人類史 サンプル画像④
ダーウィン、ビーグル号の航海に同行する
逆境だらけの人類史 サンプル画像⑤
D・W・グリフィス、ハリウッドで映画を撮る
逆境だらけの人類史 サンプル画像⑥
ネルソン・マンデラ、大統領との取引を拒む
逆境だらけの人類史 サンプル画像⑦
ティム・バーナーズ=リー、ワールド・ワイド・ウェブを考案する

シリーズ紹介