本書の内容

神のすまう世界から、無人探査機がデータ収集する惑星まで、
私たちはこんなふうに、手の届かない世界を想像し、見つめ、描き出してきた。

天動説vs地動説、アラビアからやってきた星座の教科書、天の川を蛇で表現したマヤ人、世界各地で描かれた超新星爆発、アストロラーベを再現した元祖仕掛け絵本、3600年前の天文盤など。

好評を博した『地図の物語 人類は地図で何を伝えようとしてきたのか』、待望の姉妹編登場です。

【科学道100冊 2020】キーブックに選定されました!

理化学研究所と編集工学研究所が推進する「科学道100冊」プロジェクトにおいて、「天空の地図」が2020年度のキーブックの1冊に選定されました。

※詳しくは、「科学道100冊」(外部サイト)をご覧ください。

目次

Introduction  何もない場所へ
Chapter1  世界の中心
 プトレマイオスからコペルニクスへ
Chapter2  月の地図
 地球唯一の自然衛星
Chapter3  星から惑星へ
 天空の裏庭
Chapter4  太陽系の主
 最も身近な恒星
Chapter5  明滅する星々
 小さな点から遠い太陽へ
Chapter6  無限の彼方へ
 宇宙の果てを目指して
索引

本書のサンプル

天空の地図 サンプル画像①
神が同心円状の宇宙を創造する様子を描いたイタリア人画家ジョバンニ・ディ・パオロの作品
天空の地図 サンプル画像②
ウィリアム・カニンガム、天球を支えるアトラス|ニコラウス・コペルニクス、太陽系
天空の地図 サンプル画像③
ヨーロッパ南天天文台、木星の赤外線画像|探査機ジュノー、木星の南極
天空の地図 サンプル画像④
シャルル・メシエ、彗星の軌道|エティエンヌ・トルーベロ、太陽のフレア
天空の地図 サンプル画像⑤
黄裳『淳祐天文図』|カーシー、イスカンダル・スルタンの占星図
天空の地図 サンプル画像⑥
エアハルト・ヴァイゲル、天球儀|ポーニー族の星図

読者の声

  • 星座や空のことを知りたい。でも調べてみたら求めているものとは違った。という経験を多くしてきましたが、この本は自分が求めていた知識、情報がありました。(28歳、女性)
  • タイトルの「天空の地図」にとてもわくわくしました。古代から最新の豊富な資料がふんだんに使われていて、わかりやすく、見ているだけで心が豊かになったような気がします。(41歳、女性)
  • 天文の歴史関係の書籍は多数あるが図版がモノクロで小さいものが多い。本書はカラーで図も大きくて良いと思った。(68歳、男性)

シリーズ紹介