本書の内容

【目次】
◆夢の創造物
◆廃墟となった場所
◆風変わりな建造物
◆隔絶された世界
◆この世とあの世の間
◆地下の世界

本書のサンプル(画像クリックで拡大)

世界の果てのありえない場所 サンプル画像①

世界の果てのありえない場所 サンプル画像②

世界の果てのありえない場所 サンプル画像③

著者紹介

トラビス・エルボラフ
作家。1971年生まれ。
文明評論家で、「オブザーバー」紙や「ガーディアン」紙の定期寄稿者。
車体の後部がデッキになっているルートマスター・バスの歴史を描いた『The Bus We Loved』、ビニール製レコードへの讃歌、『The Long Player Goodbye』などの著書がある。
そのほか、英国の有力紙誌、BBCラジオなどで活躍中。

アラン・ホースフィールド
地図作家。
英国陸地測量部でキャリアをスタートさせ、以来30年間に数多くの出版物に地図作品を提供してきた。最近は「リーダーズ・ダイジェスト世界地図」のチーフ・カートグラファー(筆頭地図作家)を務める。

読者の声

  • 廃墟好きにはたまらない1冊です。ガイドブックにも載っていないこんな場所へ一度は訪れてみたいと思いました。(31歳、女性)

シリーズ紹介