本書の内容

「火星に住む」というSF世界の夢物語が、今や“現実”に近づいています。米航空宇宙局(NASA)をはじめ、世界各国の宇宙開発機関、民間企業が、火星有人探査に向けた具体的な計画を進めているのです。

米スペースX社のイーロン・マスクCEOは、2024年にも火星への有人ミッションを開始すると発表しています。さらにその後、1000を超す宇宙船を運航させ、40年~100年で100万人を火星に移住させる構想まで明らかにし、世界を驚かせました。

人類は火星に行けるのか?
火星に住むことはできるのか?
火星に生命は存在するのか?
火星で生まれた子どもたちの将来はどうなるのか?

そんな数々の疑問に答えるべく、本書では多数の関係者や専門家に取材。火星移住計画の詳細、課題、将来に向けたビジョンを明らかにしています。

探査機が撮影した火星の美しい風景、開発が進む新型ロケット、検討されている火星基地の想像図などを約200点収録。これらを眺めるにつけ、近い未来に実現される“人類の偉大な飛躍”に、ワクワクさせられることでしょう。

本書のサンプル(画像クリックで拡大)

迫力満点のビジュアルを約200点収録

【第1章】 人類の偉大な飛躍
火星への到達は人類初の挑戦だ。突入、降下、着陸を成功させて無事に火星の地表に降り立てば、人類はかつて誰も「ふるさと」と呼んだことのない地にたどり着いたことになる。

MARS(マーズ)火星移住計画 サンプル画像①

NASAのマーズ・サイエンス・ラボラトリーが火星に近づいていく様子を描いた想像図。

MARS(マーズ)火星移住計画 サンプル画像②

火星を”第2のふるさと”にするために必要なこと、解決すべき課題を多角的に分析。

【第2章】 心の問題
人間が別の惑星で暮らすことになると身体の負担も大きいが、精神的ストレスを感じたり、心の問題を抱えることも多くなるだろう。

MARS(マーズ)火星移住計画 サンプル画像③

モスクワの研究所に設置された専用施設で火星の模擬滞在が何度も行われている。

【第3章】 火星基地
火星の住まいに求められる条件は多い。温度差が非常に激しく、水はほとんどなく、浴びれば死につながりかねない放射線が常に降り注ぐ。そんな異例ずくめの環境に対応できなければならない。

MARS(マーズ)火星移住計画 サンプル画像④

火星での住居や長距離を移動するための車両など、さまざまなアイデアや技術が生まれている。

【第4章】 生命のしるし
あらゆる火星探査計画の中心にある謎はただ一つだ。火星に生命はいるのか、あるいはかつて存在したことはあるのか?

MARS(マーズ)火星移住計画 サンプル画像⑤

火星の生命探査技術や戦略向上の研究が進められている。

【第5章】 世界が見つめる未来
火星に人類が到達すれば、人間は複数の惑星に存在する生物種となる。火星の地で私たちは、国境の垣根を超えられるだろうか。それとも火星でも、地球上と同じ熾烈な争いが繰り広げられるのだろうか?

MARS(マーズ)火星移住計画 サンプル画像⑥

NASAは新型の宇宙船オリオンを開発中。写真は2014年に無人試験機を打ち上げたときの準備の様子。

【第6章】 マーズランド
火星で生まれた子どもたちは他の場所、他の生き方を知らない。そのような人々はまったく違った問題を抱えることになるだろう。しかし、だからといって人間の本質が変わることはない。

MARS(マーズ)火星移住計画 サンプル画像⑦

火星の地下に、このような大都市が建設される日が訪れるのだろうか。

目次

第1章 人類の偉大な飛躍

 最初のハードル
 着陸地点はどこに
 生き延びるために
 豊富な資源を持つ惑星
 至るところに水はあれども
 火星にとどまる
 HEROS<探査を支える立役者>「火星への旅を後押し」
  NASAジョン・C.ステニス宇宙センター エアロジェット・ロケットダイン MRP(資材所要量計画)責任者 ジャニーヌ・クエバス氏
 HEROS<探査を支える立役者>「火星着陸の達人」
  NASAジェット推進研究所 火星計画担当局 火星技術責任者 ロブ・マニング氏

第2章 心の問題

 閉鎖空間での隔絶
 未来への足がかり
 厳しい現実
 模擬火星実験
 一番の武器
 健全な心と体
 クルーの仕事
 火星に似た場所
 HEROS<探査を支える立役者>「地球が見えなくなるとき」
  カリフォルニア大学 サンフランシスコ校 心理学部 名誉教授 ニック・カナス氏
 HEROS<探査を支える立役者>「双子が科学にもたらすメリット」
  NASA宇宙飛行士/技術者 マーク・ケリー氏、スコット・ケリー氏
 HEROS<探査を支える立役者>「宇宙社会的現象」
  宇宙社会学研究機関CEO ジム・パス氏

第3章 火星基地

 定住地を探す
 探査用ロボット
 快適な生活
 豊富な資源
 ビジョンのある設計
 火星との一体化
 HEROS<探査を支える立役者>「火星探査の青写真」
  エアロスペース・コーポレーション 宇宙システム設計者 ブレット・ドレイク氏
 HEROS<探査を支える立役者>「地球上で最も火星に近い場所」
  NASAエイムズ研究センター 火星研究所 ホートン火星プロジェクト責任者 パスカル・リー氏

第4章 生命のしるし

 過塩素酸塩の問題
 微生物の問題
 地下を探る
 水のある場所
 地球の極限環境微生物
 貴重な水
 緑を育てる
 HEROS<探査を支える立役者>「洞窟の探検家」
  NASA宇宙生物学研究所(NAI) 所長 ペネロペ・ボストン氏
 HEROS<探査を支える立役者>「太陽系を守る」
  NASA惑星保護局 惑星保護担当官 キャサリン・コンリー氏
 HEROS<探査を支える立役者>「火星のアンダーグラウンド」
  NASAエイムズ研究センター 宇宙科学部門 惑星科学者 クリス・マッケイ氏

第5章 世界が見つめる未来

 目的地は火星
 月面の“村”
 深宇宙への出発点
 未知の世界へ
 民間が取り組むミッション
 火星を目指す男
 宇宙飛行士を夢見て
 HEROS<探査を支える立役者>「宇宙政策を考える」
  ジョージ・ワシントン大学 宇宙政策研究所 名誉教授 ジョン・ログスドン氏
 HEROS<探査を支える立役者>「宇宙に政治を」
  スペース・アンド・テクノロジー・ポリシー・グループ社長 スペースポリシーオンライン・ドット・コム・編集長 マルシア・スミス氏

第6章 マーズランド

 火星丸ごと大改造
 公園の散歩
 価値観を一変させる力
 スリルを求めて
 私たちは火星人
 HEROS<探査を支える立役者>「酸素を生み出す」
  テクショット社 研究主任 ユージン・ボランド氏
 HEROS<探査を支える立役者>「火星を我らの手に!」
  元宇宙飛行士 宇宙探査の旗振り役 バズ・オルドリン氏

年表 世界の火星ミッション

読者の声

  • 素晴らしい。わくわくしました。(19歳、女性)