Photo Stories 撮影ストーリー

【2月25日】気候変動との競争(ブラジルとガイアナの国境)/ギアナ高地にある卓状台地に挑むアレックス・オノルド。数百万年に及ぶ浸食作用が隔絶された地形をつくり出し、生き物たちが独自の進化を遂げた。気候変動とカエルツボカビが世界中の両生類を脅かすなか、爬虫(はちゅう)両生類学者でナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーでもあるブルース・ミーンズは、オノルドらの協力を得ながら、新種の調査をしている。この地域の両生類が姿を消してしまう前に、彼らがいかにして生態系に適応してきたのかを解明するためだ。(写真 = レナン・オズターク)

【写真が記録した2021】 保護・保全

2021.12.28

2021年は難題が続出した年だった。だが、自然遺産や文化遺産の保全に関する明るい成果もあった。希少な生物を救い、海洋を保護し、過去をたたえようとする努力に、私たちの希望や人間性が反映されていた。

この記事は雑誌ナショナル ジオグラフィック日本版2022年1月号に掲載された特集です。定期購読者の方のみすべてお読みいただけます。

暗い1年を照らす光

 保護・保全活動における成功例には、この世界の過去、現在、未来を大切にする心が表れている。

 * * * * *

 16頭からなるアジアゾウの群れが北上し始めたとき、誰も彼らの目的地やその理由を知らなかったし、気に留める人もいなかった。中国南西部の雲南省にあるシーサンパンナ国立自然保護区のゾウは、たまに境界を越えることはあっても必ず戻ってきたからだ。だが、今回は違った。群れは16カ月にわたって農作物を荒らしたり、泥浴びをしたりしながら省都の昆明に向けて500キロも北上したのだ。群れは世界中の注目を集め、政府当局は難題に直面することとなる。ゾウたちがもたらす損害額は5000万円を超え、見物人が襲われる心配もあった。

 鎮静剤を打って保護区に移送すれば、容易に解決しそうなものだが、3頭の子がいる群れにとって、この方法は危険だった。そこで当局は緊急対策チームを組織し、ゾウと人間の安全確保に乗り出す。ドローンで群れの動きを追跡し、大量のトウモロコシやパイナップル、バナナを使ってゾウを町から遠ざけ、電気柵やバリケードを設置して安全なルートへ誘導した。こうした対策に、膨大な人員と経費が投じられた。

 気候変動や紛争、新型コロナウイルス感染症に見舞われるなかで、ゾウの群れを守るためだけに、これほどの資源を費やすのは無駄だという意見もあるだろう。だが、自然や文化の保全は、病気の治癒や戦争の終結と同様、良い世界を育むことへつながる。私たちは健康や平和を必要とするのと同じように、野生生物や古代の遺物を必要としている。それらは私たちの生活の背景となり、自らの歴史を理解する一助となる。私たち人類の過去、現在、未来そのものなのだ。

<span style="font-size: 15px;">4月9日 チーターを救う闘い</span><br><span style="font-weight: bold; color: #777;">ケニア サンブル国立保護区</span>
4月9日 チーターを救う闘い
ケニア サンブル国立保護区
傷を負った雌のチーターを診察する、ケニア野生生物公社の獣医師マイケル・ンジョロゲ(左)。その傍らで、保護団体のコスマス・ワンブア(右)と、レンジャーのルジャル・ルカライレも準備をする。彼らは3日間、手を尽くしたが、チーターを救うことはできなかった。この雌は写真家の名にちなみ、「ニコール」とレンジャーたちに呼ばれていた。野生の個体は7000頭を下回っているため、保護活動家たちはチーターを1頭でも多く守ろうと尽力している。(写真 = ニコール・ソベキ)

”チーターは大型ネコ科動物のいじめっ子ではありません。喉を鳴らすだけで、ほえたりはしない。激しい戦いや、縄張り争いをするような強い体ではないのです”
̶ニコール・ソベキ(写真家)
<span style="font-size: 15px;">7月12日 危険にさらされる古代神殿</span><br><span style="font-weight: bold; color: #777;">イエメン マーリブ</span>
7月12日 危険にさらされる古代神殿
イエメン マーリブ
婚礼パーティーの出席者たちが、写真撮影のため西部マーリブにあるアッワーム神殿を訪れた。現存するサバ王国の遺跡で最も重要なものの一つだ。紀元前11世紀頃から紀元3世紀までアラビア半島南部を支配したサバ王国を、聖書に登場するシバという土地と関連づける歴史研究者もいる。この遺跡はイエメンで最も紛争が激しい地域の端にあり、反政府勢力カフーシ派がマーリブを占拠しようとするなか、常に破壊の危険にさらされている。(写真 = モイセス・サマン)

次ページ:困難な1年を照らす希望の光

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の定期購読者(月ぎめ/年間のみ、ご利用いただけます。

定期購読者(月ぎめ/年間)であれば、

  • 1 最新号に加えて2013年3月号以降のバックナンバーをいつでも読める
  • 2ナショジオ日本版サイトの
    限定記事を、すべて読める

おすすめ関連書籍

2022年1月号

写真が記録した2021:辛抱の日々/コロナ禍/気候変動/対立・紛争/保護・保全

気候変動、紛争、コロナ禍、そして私たちに勇気をくれる保護活動。2021年に撮影され、ナショナル ジオグラフィックのアーカイブに加わった膨大な写真から、この1年の出来事を振り返ります。

定価:1,210円(税込)

Photo Stories 一覧へ