Photo Stories撮影ストーリー

フランスのアルルにあるローマ時代の遺跡で、当時の剣闘士の戦いを再現する演者たち。装備は考古学的発掘品に基づいている。(PHOTOGRAPH BY REMI BENALI)

古代ローマで活躍した「剣闘士」とは何か 6つの真実

2022.07.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 剣闘士(グラディエーター)とは、古代ローマの時代に見せ物として、観客の前で闘技場で戦っていた剣士のこと。2000年以上が過ぎた今でも、世界はその魅力に取りつかれている。今日の文学や映画や、かつてのローマ帝国の各地に残る円形闘技場のおかげで、剣闘士は人々がよく知るローマ文化の1つになっている。(参考記事:「グラディエーター 熱狂の舞台裏」

 しかし、近年の考古学研究により、剣闘士の試合は殺し合いを目的とした血なまぐさい乱闘ではなく、観客に最大の興奮を与えるための、専門的に訓練されたアスリートによる高度に組織化・体系化されたパフォーマンスであったことが明らかになってきている。剣闘士が実際にはどのような存在であったのかを見ていこう。

今日のチュニジアのエル・ジェムにあった古代都市ティスドルスに紀元240年頃に建設された円形闘技場は、3万5000人の観客を収容できた。(PHOTOGRAPH BY REMI BENALI)
今日のチュニジアのエル・ジェムにあった古代都市ティスドルスに紀元240年頃に建設された円形闘技場は、3万5000人の観客を収容できた。(PHOTOGRAPH BY REMI BENALI)

剣闘士への道

 ローマ帝国の初期には、鎖につながれた奴隷、罪人、戦争捕虜などが、剣闘士として闘技場に引き出されていた。しかし紀元1世紀には、剣闘士はもうかる商売となり、文献からは、職業として選択する人もいたことがうかがえる。とはいえすべての剣闘士は、古代ローマの厳格な階級社会の中で、売春婦や役者と並んで最下層に位置づけられていた。法律上、剣闘士は人間ではなく財産と見なされていた。

戦いの演出

 剣闘士には、網闘士、魚兜闘士、トラキア闘士、追撃闘士など、いくつかのタイプがある。闘技場では、剣闘士のタイプや技量や経験にもとづいて試合が組まれ、それぞれの長所と短所をうまく組み合わせることで、戦いをエキサイティングなものにしていた。

 文献や墓碑銘には、馬に乗った騎馬闘士、半月形のナイフで網を切る切断闘士、長い投げ縄で敵を捕らえる縄闘士など、風変わりな剣闘士たちの名前も記されている。(参考記事:「人類は紀元前から格闘が好きだった(椎名誠)」

ギャラリー:人々を魅了する古代ローマの剣闘士、6つの真実 写真と絵22点(写真クリックでギャラリーページへ)
追撃闘士は腕甲を身に着け、ローマ軍の兵士が使っていたような盾と剣だけを持ち、機動力に優れていた。網闘士と試合を組まれることが多く、兜は網に引っかからないよう、滑らかな卵形をしていた。兜には目穴が2つしかなく、見づらく、息もしにくかったと思われる。このハンデが、顔をさらしている敵との戦いのバランスを取っていた。(PHOTOGRAPH BY REMI BENALI)
追撃闘士は腕甲を身に着け、ローマ軍の兵士が使っていたような盾と剣だけを持ち、機動力に優れていた。網闘士と試合を組まれることが多く、兜は網に引っかからないよう、滑らかな卵形をしていた。兜には目穴が2つしかなく、見づらく、息もしにくかったと思われる。このハンデが、顔をさらしている敵との戦いのバランスを取っていた。(PHOTOGRAPH BY REMI BENALI)
トラキア闘士は最も人気のあるタイプの剣闘士だった。トラキアは今日のブルガリア周辺に住んでいた民族で、トラキア風の衣装をまとった剣闘士を闘技場に登場させることは、ローマ帝国による征服を祝うための手段だった。J字形の剣と湾曲した小さな盾を持つトラキア闘士は、すぐに見分けがついた。鎧は脚甲と腕甲しか身につけておらず、スピードと敏捷性をいかして戦った。(PHOTOGRAPH BY REMI BENALI)
トラキア闘士は最も人気のあるタイプの剣闘士だった。トラキアは今日のブルガリア周辺に住んでいた民族で、トラキア風の衣装をまとった剣闘士を闘技場に登場させることは、ローマ帝国による征服を祝うための手段だった。J字形の剣と湾曲した小さな盾を持つトラキア闘士は、すぐに見分けがついた。鎧は脚甲と腕甲しか身につけておらず、スピードと敏捷性をいかして戦った。(PHOTOGRAPH BY REMI BENALI)

養成所で徹底的な訓練

 プロの戦士にはプロ用の訓練が必要だ。ローマ帝国各地には数十の剣闘士養成所があり、剣闘士たちは年に数回しかない試合のために、養成所で一年中訓練を受けていた。ローマのコロッセオの隣にも養成所があった。養成所には少なくとも4つの施設があり、そのうちの1つはトンネルで直接コロッセオの下層につながっていた。医療施設、セットや小道具の倉庫、負傷した闘士たちのリハビリセンターもあった。

 養成所の多くは皇帝や富裕層が所有し、興行主(戦いで自由を勝ち取った元剣闘士が多かった)がマネジメントを行い、剣闘士に最高の医療を施す医師、訓練後の剣闘士にオイルを塗ったりマッサージを施したりする油係、料理人、武具係など、さまざまな専門スタッフが雇われていた。(参考記事:「巨大グラディエーター養成所跡を発見」

次ページ:ロックスターのような存在

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の
会員*のみ、ご利用いただけます。

会員* はログイン

*会員:年間購読、電子版月ぎめ、
 日経読者割引サービスをご利用中の方、ならびにWeb無料会員になります。

おすすめ関連書籍

ローマ帝国

誕生・絶頂・滅亡の地図

1000年にわたり地中海世界に存在し、覇者として君臨したローマ帝国。この魅惑の帝国が歩んだ足跡を、20枚を超える詳細な地図、そして図解、イラスト、写真とともにたどる。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:1,540円(税込)

おすすめ関連書籍

2021年8月号

グラディエーター 熱狂の舞台裏/半透明なカエル/空腹と闘う米国/カラハリ砂漠の生態系

大観衆の前で、手に汗握る戦いを繰り広げた古代ローマの剣闘士。研究によって映画や小説とは違う姿が見えてきました。「グラディエーター 熱狂の舞台裏」でお伝えします。このほか、驚きの生態を持つ「半透明なカエル」、食料不安に立ち向かう人々を描いた「空腹と闘う米国」などの特集をお届けします。

定価:1,210円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ