Photo Stories撮影ストーリー

ドイツ:南西部に位置するビュルテンベルク地方で、女性たちが穀物を刈り取り、束を集めていく。(写真:HANS HILDENBRAND)

オートクロームと旅する世界

2022.06.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
誌面で読む
この記事は雑誌ナショナル ジオグラフィック日本版2022年7月号に掲載された特集です。定期購読者の方のみすべてお読みいただけます。

幻想的な雰囲気を醸し出す初期のカラー写真法、オートクローム。この画期的な技法が記録した20世紀初頭の世界を旅してみよう。

 世界初の実用的なカラー写真の技法が、フランスのリュミエール兄弟によって編み出されたのは1907年のこと。カラー写真はそれ以前から存在していたが、工程が面倒で複雑だった。オーギュストとルイの兄弟がたどり着いた、発色のカギとなる成分はジャガイモのでんぷんだった。

エジプト
エジプト
有名なギザの三大ピラミッドと付属の埋葬施設を望む。こうした遺構は紀元前2550年から2490年頃に造られたとされる。(写真:JULES GERVAIS COURTELLEMONT)

 赤、緑、青の光を混ぜれば、あらゆる色を再現できるということは、1861年に証明されていた。それを踏まえ、オートクロームという手法では、3色に染めたジャガイモのでんぷんの小さな粒子でガラス板を薄く覆い、フィルターを作った。それに乳剤の層を重ね、ガラス板を反転させて露光。すると色を再現したカラー写真ができ上がる。

米国
米国
オハイオ州ブリストルビルの近くで、サーカスの看板にくぎづけになる子どもたち。(写真:JACOB J. GAYER)
チュニジア
チュニジア
内陸の砂漠に位置するケルアンの街角で、男性たちが茶をすすりながら語らう。(写真:FRANKLIN PRICE KNOTT)
カンボジア
カンボジア
国王のためにドラマチックな伝統舞踊を披露する3人の子どもたち。(写真:JULES GERVAIS COURTELLEMONT)
インドネシア
インドネシア
市場で売ろうと、バリ島の男性が飲み物の入った壺をてんびん棒で担いで運ぶ。(写真:JULES GERVAIS COURTELLEMONT)

次ページ:不鮮明であるが故に、引き出された不思議な美しさ

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の
定期購読者*のみ、ご利用いただけます。

*定期購読者:年間購読、電子版月ぎめ、
 日経読者割引サービスをご利用中の方になります。

おすすめ関連書籍

2022年7月号

都会に生きる野生動物/私たちはここにいる/海に消える愛する村/よみがえるアッピア街道/オートクロームの世界

コヨーテからクマまで、自然の生息域が縮小するなか人間のすぐ近くでうまく暮らしている動物たちがいます。特集「都会に生きる野生動物」でレポート。このほか、沿岸部の水没が著しいインドネシアのジャワ島、イタリア政府が再興する古代ローマのアッピア街道など5本の特集をお届けします。

定価:1,210円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
誌面で読む

Photo Stories 一覧へ