Photo Stories撮影ストーリー

「わな猟はわたしの人生の大きな部分を占めています」と、カナダ、ノースウエスト準州のイエローナイフ郊外でわな猟を営むネイサン・コギアク氏は言う。「これはわたしが先祖とつながる方法なのです」(PHOTOGRAPH BY PAT KANE)

反毛皮の波で苦境に、カナダ先住民の伝統的なわな猟師たち 写真20点

2022.06.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年春、ジュールズ・フォーネル氏は、現金6万ドルを持ってカナダのコルビルレイクに到着した。氏はカナダ、ノースウエスト準州政府の毛皮バイヤーで、北極圏にあるこの人口130人の集落までやってきたのは、テン、マスクラット、オオカミ、キツネ、オオヤマネコの毛皮への前金を支払うためだった。

 しかしその冬、英女王エリザベス2世はもう毛皮製品を購入しないとの話が伝わってきた。この噂が人々の間に広まり、どうやら毛皮を買う人はひとりもいそうにないと考えた地元のわな猟師たちは、わなを仕掛けていなかった。フォーネル氏は、6万ドルの現金に手をつけないまま現地を去った。あれから2年がたっても、コルビルレイクでの毛皮取引は回復していないとフォーネル氏は言う。「この地域のわな猟は壊滅的な打撃を受けました」

ビーバーの毛皮の上に置かれた、皮から肉と軟骨をこそげ落とす道具。(PHOTOGRAPH BY PAT KANE)
ビーバーの毛皮の上に置かれた、皮から肉と軟骨をこそげ落とす道具。(PHOTOGRAPH BY PAT KANE)
発明者であるカナダのわな猟師にちなんで名付けられた「コニベア」というわな。強力なバネがついており、トラバサミや輪わなよりも、獲物をすばやく、より人道的に捕獲・殺害することができる。(PHOTOGRAPH BY PAT KANE)
発明者であるカナダのわな猟師にちなんで名付けられた「コニベア」というわな。強力なバネがついており、トラバサミや輪わなよりも、獲物をすばやく、より人道的に捕獲・殺害することができる。(PHOTOGRAPH BY PAT KANE)

 わな猟に支えられてきた経済が打撃を受けているのはコルビルレイクだけではない。ファッション界から毛皮を追放することを目指す近年の運動に加えて、価格の暴落、環境の変化、野生動物の毛皮の供給源である北部の先住民コミュニティーにおける生活費の上昇が、事態に拍車をかけている。そのせいで、カナダ北部に暮らす先住民が何百年にもわたって続けてきた生活様式が危機に直面している。

「ああした小規模なコミュニティーには産業がありません」と、政府による毛皮買い入れプログラムを主導するネイサン・コギアク氏は言う。「わな猟から得るお金が、彼らの稼ぎの大半を占めています」

 コルビルレイクでわな猟が盛んだったころには、「スノーモービルが午前3時まで休むことなく走り続けていました」とフォーネル氏は言う。しかし今では、「わな猟で生計を立てることはできないでしょう」

気まぐれなファッション

 ロナルド・ビーバー氏は11歳のとき、カナダ、アルバータ州ワバスカにあるクリー族の集落周辺の猟場で初めてオオヤマネコを捕まえ、彼の父親はその毛皮を1100ドルで売った。「1981年のことです」とビーバー氏は言う。父親は息子に100ドルを渡し、何でも好きなものを買いなさいと言ってくれたという。

ギャラリー:反毛皮の波で苦境に、カナダ先住民の伝統的なわな猟師たち 写真20点(写真クリックでギャラリーページへ)
イエローナイフ郊外の猟場で捕らえられたオコジョ。オコジョの白い毛皮(アーミンと呼ばれる)は古くから、ヨーロッパの王族や高官の王冠やローブの装飾に使われてきた。(PHOTOGRAPH BY PAT KANE)
イエローナイフ郊外の猟場で捕らえられたオコジョ。オコジョの白い毛皮(アーミンと呼ばれる)は古くから、ヨーロッパの王族や高官の王冠やローブの装飾に使われてきた。(PHOTOGRAPH BY PAT KANE)
先住民のわな猟師が使う皮剥用ナイフ。持ち手はカリブーの骨でできている。(PHOTOGRAPH BY PAT KANE)
先住民のわな猟師が使う皮剥用ナイフ。持ち手はカリブーの骨でできている。(PHOTOGRAPH BY PAT KANE)

 あれから40年がたち、状況はすっかり変わってしまった。2022年3月にカナダ、オンタリオ州ノースベイで開催された野生動物の毛皮のオークションでは、オオヤマネコの毛皮の売値は平均で1枚160ドルにも満たなかった。

 世界の毛皮貿易が始まって以来、その価格は気まぐれな流行に左右されてきた。19世紀には、ビーバーの毛皮を使った帽子が大きな人気を博し、北米のビーバーは絶滅寸前にまで追い込まれたが、流行が変わったことによってビーバーは救われ、その毛皮の価格はあっという間に下落した。

 毛皮に対する業界の姿勢は、最近のほうが激しく揺れ動いている。1990年代初頭、北米先住民であるディネ族出身のファッションデザイナー、ダーシー・モーゼズ氏は、毛皮を使ったデザインを依頼され、出来上がった商品はいくつもの高級デパートに買い取られた。

「毛皮が問題になることはありませんでしたし、人々はファッションアイテムとして毛皮を身につけていました」とモーゼズ氏は言う。

次ページ:大手ブランド、毛皮不使用へ

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

Du CANADA

世界で一番愛される国、カナダの人と自然を、現地に暮らしたこともありカナダを第二の故郷と呼ぶ人気の風景写真家、吉村和敏が今、改めて撮る。〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:3,520円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ