Photo Stories 撮影ストーリー

(Photograph by Luisa Dörr)

民族衣装でスケートボード、ボリビア女性チームが示す先住民の誇り 写真13点

2022.05.08

 ボリビアの地方の街では、カラフルな「ポリェラ」が先住民のアイデンティティーとなっている。ポリェラは、先住民のアイマラ族やケチュア族の女性が身に着けてきたボリュームのあるスカートのことだ。しかし、このスカートは同時に、先住民差別の象徴にもなってきた。(参考記事:「ボリビア、伝統衣装まとう女性たちの肖像10点」

 そんな中、ある女性アスリートのグループがチョリータ(先住民女性)の文化遺産をたたえようと、ボリビアの街にポリェラを復活させた。ポリェラを着たスケートボーダーのグループだ。

(Video by Luisa Dörr)

「私にとって、ポリェラはとても大切なものです」。こう語るデイシ・タクリ・ロペスさん(冒頭の写真)は、2019年に結成されたイミリャスケートのメンバーだ。「私は誇りを持ってポリェラを着ています」

 タクリさんとチームメートは、何時間にもわたってスケートボードの練習をする。ターンをしたり、ジャンプをするたび、膝丈のスカートは美しく膨らむ。

(Photograph by Luisa Dörr)
(Photograph by Luisa Dörr)

 ポリェラの起源は16世紀、スペインによる征服までさかのぼる。ポリェラはもともと、植民地支配者が先住民を識別しやすいよう、スペインの貧困層の服装に合わせて強制した衣装だった。だが、やがてアンデスの伝統衣装の一部になり、高地の先住民女性であるチョリータと関連づけられるようになった。

(Photograph by Luisa Dörr)
(Photograph by Luisa Dörr)
(Photograph by Luisa Dörr)
(Photograph by Luisa Dörr)

 上の写真はポリェラを着たアイマラ族のジョセリン・ブレンダ・ママニ・ティンタさんと母親のルシア・ロスメリ・ティンタ・キスペさん。白い帽子をかぶったマリア・ベレン・ファハルド・フェルナンデスさんは理学療法士を目指す学生で、グループの最年少だ。スケートボードのバランス感覚と技の難易度に魅了され、4年前から練習を始めた。

(Video by Luisa Dörr)
(Photograph by Luisa Dörr)
(Photograph by Luisa Dörr)
(Photograph by Luisa Dörr)
(Photograph by Luisa Dörr)

 先住民女性の伝統的な帽子を試着するイミリャスケートのメンバー。イミリャスケートの立ち上げメンバーであるダニエラ・サンティバニェスさんによれば、チームメンバーはポリェラをパフォーマンスのために着用しており、必ずしも普段着ではないという。「私たちはデモンストレーションとして、インクルージョン(社会から排除されず受け入れられている状態)を求める叫びとして、ポリェラを着ています」

次ページ:グループ名にはメンバーの思いが込められている

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

100年前の写真で見る 世界の民族衣装

◆100年前の多様な民族衣装を知るための保存版写真集。◆資料としても貴重な212点の写真を収録。◆ページをめくって、100年前の世界一周を疑似体験。◆明治から大正期、日本を精力的に紹介したエライザ・シドモアが撮影した日本の学校風景も。

定価:2,860円(税込)

Photo Stories 一覧へ