Photo Stories撮影ストーリー

グアテマラの街アンティグアで、聖週間の始まりである「枝の主日」の行列に参加する人々。グアテマラのセマナ・サンタ(聖週間)は、華やかなパレードや儀式で有名だ。こうしたイベントは新型コロナの流行によって一昨年も昨年も中止されたが、今年、3年ぶりに復活した。(Photograph by Saul Martinez)

グアテマラ最大の祝祭セマナ・サンタ、コロナ禍を経て3年ぶりに復活

2022.04.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 復活祭までの数週間、中米の国グアテマラは姿を変える。

 首都グアテマラ市の中心部から、先住民が暮らす高地の町にいたるまで、国中が人とさまざまな色彩であふれる。広場は花々や手の込んだ装飾で飾られ、色鮮やかなマヤの織物をまとった男女がカトリックの伝統に従ってイエス・キリストの死を表す重い木の棺をかつぐ。

【動画】グアテマラ市のラ・マーセド教会前で行われた聖週間の行列。ドローンで空から撮影した。(Video by James Rodríguez)

 グアテマラの人類学者フアン・マヌエル・カスティージョ氏は、「セマナ・サンタ(聖週間)」または「セマナ・マヨール(大週)」と呼ばれるこの行事は、クリスマスよりも大きな行事になっていると説明する。聖週間は1週間だけだが、小さな祭りは2月から始まっていて、キリストの受難を記念する聖金曜日から復活祭の日曜日にかけてクライマックスを迎える。

 根深い不平等や文化の不一致の問題を抱えるグアテマラでは、セマナ・サンタは宗教行事をはるかに超えた意味をもつ。16世紀初頭にスペインの入植者によってもたらされた聖週間は、長い時間をかけ、グアテマラを構成する多様な先住民文化を取り込んできた。その結果、カトリックの信仰と、マヤの伝統が混在する祝祭が生まれた。

首都グアテマラ市から、高地にある人里離れた先住民の町まで、聖週間には信者たちが街頭に集まり、セマナ・サンタの祝祭に参加する。この祝祭は、グアテマラ人のアイデンティティーを形成する上で大きな役割を果たしている。(Photograph by Saul Martinez)
首都グアテマラ市から、高地にある人里離れた先住民の町まで、聖週間には信者たちが街頭に集まり、セマナ・サンタの祝祭に参加する。この祝祭は、グアテマラ人のアイデンティティーを形成する上で大きな役割を果たしている。(Photograph by Saul Martinez)

 セマナ・サンタは、社会階層や文化的伝統を異にする人々が肩を並べて集う祝日でもある。昨年と一昨年は新型コロナの流行により行事が中止になったため、今年のセマナ・サンタにはいつも以上に大きな意味がある。パンデミックの状況を考慮して、マスクも衣装の一部になっている。

「セマナ・サンタは、富める者と貧しい者、学業を修めた者とそうでない者、会社員、露天商など、あらゆる人が集まる空間です」とカスティージョ氏は言う。「だからこそ、この祭りはグアテマラ国民のアイデンティティーにとって非常に重要なのです。年に一度、みんなが集まる公共の場のようなものだと言えます」

グアテマラの街アンティグアにあるラ・マーセド教会で行われる「枝の主日」の行列に参加するため、準備をする男性。この行列はセマナ・サンタのパレードと儀式に欠かせないものだ。(Photograph by Saul Martinez)
グアテマラの街アンティグアにあるラ・マーセド教会で行われる「枝の主日」の行列に参加するため、準備をする男性。この行列はセマナ・サンタのパレードと儀式に欠かせないものだ。(Photograph by Saul Martinez)
花やシュロの葉を売る露天商。「枝の主日」の行列の間、信者たちは宗教的な像を乗せた山車に色とりどりの花束を置くのが伝統だ。(Photograph by Saul Martinez)
花やシュロの葉を売る露天商。「枝の主日」の行列の間、信者たちは宗教的な像を乗せた山車に色とりどりの花束を置くのが伝統だ。(Photograph by Saul Martinez)

一体感を記録する

 かつて10年間、グアテマラで報道写真家として活動したサウル・マルティネス氏がセマナ・サンタを記録し続けているのは、この一体感が理由だった。祝祭の間の信者たちの献身的な姿、国中の一体感、そして、葬列を模した行列に参加する人々の熱心な表情は、この国の厳しい現実を一時だけ忘れさせてくれるのだ。

 マルティネス氏は、「彼らの表情を見ていると、この1週間、この瞬間は、セマナ・サンタ以外のことはどうでもいいと思っていることがよくわかります」と言う。「祝祭に没頭する人々の姿が、美しい写真を生み出します」

次ページ:いたずら好きな聖人

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。
会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

感動の体験旅行 もうすぐ世界が待っている!

歴史や文化を感じる旅から大自然を味わう旅まで、世界各地約100カ所の定番観光地を美しい写真で巡る。それぞれの場所での旅の楽しみ方を、「文化に触れる」「身体を動かす」「自分を見直す」そして「地域活動に参加する」の4つのテーマに分けて紹介。

定価:1,540円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ