Photo Stories 撮影ストーリー

朝日を受けてピンクがかったように見えるタージ・マハル。皇帝が愛する妃のために建立したこの荘厳な霊廟は、日光の変化とともに色を変える。(MICHELE FALZONE/AWL IMAGES)

妻への愛が造らせた世界遺産タージ・マハル、だが帝国は衰退へ 画像と写真14点

2022.06.09

 インドのタージ・マハルは、ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、愛する妃ムムターズ・マハルのために建立した荘厳な霊廟だ。ムガル帝国の象徴というだけでなく、今や世界屈指の建築作品として知られている。ムムターズ・マハルは、夫婦の14人目の子どもを出産中に死去した。

 ペルシャ語で「王冠の宮殿」の意味をもつタージ・マハルには、17世紀の建設から数百年にわたり、多くの巡礼者や恋人たちが訪れてきた。1983年にユネスコの世界遺産に登録され、2007年には新世界七不思議にも選ばれた。(参考記事:「世界の七不思議、千年働いた超巨大「アレクサンドリアの大灯台」」

1640年頃、オランダ人の地図製作者ヤン・ヤンソンによって描かれたムガル帝国の領土。(BRIDGEMAN/ACI)
1640年頃、オランダ人の地図製作者ヤン・ヤンソンによって描かれたムガル帝国の領土。(BRIDGEMAN/ACI)

おしどり夫婦

 ムムターズ・マハルは、1593年、インドのアーグラでペルシャ貴族の家に生まれた。子どもの頃の名は、アルジュマンド・バーヌー・ベーグムという。父親は、シャー・ジャハーンと義理の兄弟にあたる。シャー・ジャハーンは、皇子時代に美しいアルジュマンドに一目ぼれし、2人は1607年に婚約する。その後、宮廷の占星術師によって時期が良いとされた1612年に結婚し、アルジュマンドはシャー・ジャハーンによってムムターズ・マハル(宮殿の選ばれし者)という名を授けられた。

 それから19年間、ムムターズとシャー・ジャハーンはともにムガル帝国を旅した。ムムターズが夫のそばを離れることはほとんどなく、14回の妊娠中も、夫の遠征に付き従った。彼女はシャー・ジャハーンの良き相談相手であり、友人であったが、自らが政治的権力を求めることはなかった。シャー・ジャハーンは1628年、父親の死の翌年にムガル帝国の皇帝となる。

18~19世紀に描かれた絵。馬を操っている女性は、ムムターズ・マハルであると考えられている。 (BRIDGEMAN/ACI)
18~19世紀に描かれた絵。馬を操っている女性は、ムムターズ・マハルであると考えられている。 (BRIDGEMAN/ACI)

 2人の間に生まれた14人の子どものうち7人は幼くして亡くなり、ムムターズ自身も、1631年に遠征先で出産中に死去した。シャー・ジャハーンは、妻の死から完全に立ち直ることはなく、その後20年間、妻への永遠の愛の象徴である霊廟の建立に全力を注いだ。

 ところが、そのせいもあって国の統治がおろそかになり、子どもたちの間で帝位争いが起こった。1658年、そのうちの1人であるアウラングゼーブが兄弟3人を殺害して皇帝の座に就き、父親のシャー・ジャハーンをアーグラ城に幽閉した。1666年、シャー・ジャハーンは、そこに幽閉されたまま息を引き取った。(参考記事:「史上最強の企業、英国東インド会社の恐るべき歴史」

ギャラリー:亡き妻への愛の証、世界遺産タージ・マハル 画像と写真14点
ギャラリー:亡き妻への愛の証、世界遺産タージ・マハル 画像と写真14点
シャー・ジャハーンの治世に完成したアーグラ城。シャー・ジャハーンは晩年、死ぬまでここに幽閉されていた。(LUIGI VACARELLA/FOTOTECA 9X12)

次ページ:アーグラの至宝

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の会員*のみ、ご利用いただけます。

会員* はログイン

*会員:年間購読、電子版月ぎめ、日経読者割引サービスをご利用中の方、ならびにWeb無料会員になります。

おすすめ関連書籍

最強の帝国 覇者たちの世界史

『ナショナル ジオグラフィック別冊』シリーズの第9弾。古代から近代まで、歴史上に現れた世界の強大な帝国を詳細に解説したビジュアル歴史読本。

価格:1,540円(税込)

Photo Stories 一覧へ